男性経験が少ない女性でも短期間で中イキできる中イキ開発体験ブログ

menu

「中でいく!」中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡

中イキできない女性のための膣トレ方法 札幌旅行で学んだ中イキできるための膣トレポイント

2020年6月17日更新

 

今、札幌に来ています。
2年ほど前からやりとりをしていた札幌の女性とようやくお会いすることができました。
といっても性感開発のために会ったのではなく、性についてまじめに会話をするためにお会いしました。

こんにちは、『中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡』を運営しているゆうです。
このブログでは、男性経験が少ない女性でも、ポイントをおさえた性感開発やセックスをすることで、中イキやポルチオオーガズムを短期間で迎えられる情報を発信しております。

札幌駅近くのおしゃれなそば屋さんに連れていってもらい、そこでランチしながらエッチな会話をしていました。
そして、僕の宿泊ホテルに向かいデパートで購入したケーキを食べながらまたエッチな会話です。

昼間から男女がふたり、ホテルにチェックインするなんて怪しいですし、もしかしたら不倫関係と思われたかもしれません。
が、ずっとソファーに座りながら、この女性の性体験や中イキできるようになった経緯、ひとりエッチでどのように自身の性感を開発したのかをお聞きしてましたよ。

東海地方の方で、中イキ性感開発を受けたい人はこちら ←
中イキについて相談可能日を確認したい人はこちら ←


たくさんお聞きしたのですが、ポイントをまとめると・・・

中イキするためには自己開発は必要

29歳の女性なんですが、2年くらい前まで中イキできなかったそうです。というか中で(挿入で)気持ちいいと感じたことがなかったそうです。
現在既婚者で、結婚前は男性をとっかえひっかえして遊んでいたそうですが、セックスで気持ちよくなったことがない。

諦めていたのですが、気持ちよくなりたいと思い、ひとりエッチで中の感度をあげる開発をはじめたそうです。
使った道具はディルドです。

道具を使う時は、男性をイメージすること

ひとりで中いきのための性感開発をするためには、ディルドやバイブをすすめています。
でもどうしても硬さや大きさ色にリアリティーがなくて、ひとりエッチをしていても冷めてしまう女性が多いんですね。
それで、自己開発をやめてしまっています。

この女性いわく、ちゃんと男性の声や体温、肌の感じをイメージすること。
好きな男性とこんなプレイをしたら興奮するだろうな、こんな風に触れられたらたくさん濡れちゃうだろうなということを、男性の体、声、汗、香り、肌感覚などを想像する(イメージする)ことが大切です

そうして自分の気持ちも開発していく必要があります。

イメージが得意でない女性もいますが、これも練習していくとだんだんできるようになっていきます。

ディルドやバイブを使いながら、実際に存在する(会うことが可能な)男性を想像してオナニー(膣オナニー)する!と魂に刻んでおいてください。

ちなみにこの女性の一押しは、iroha rinです。
iroha リン
iroha リン

性感開発を体験される場合は、実際にお使いいただくことも可能です。
事前におっしゃっていただければ持参します。

膣の性感開発には時間がかかる

男性に性感開発をしてもらう場合は、ドキドキや興奮から中イキに1回で到達できる人もいますが、ひとりで開発する場合はどうしてもリアリティーに欠けます。
そのため興奮度合が低くなってしまいます。開発に時間がかかるかもしれません。

また、エッチな想像をしながらクリを触っているだけでその男性とのエッチを想像できるような想像力豊かな女性でも、膣の開発は時間がかかります。
最初は全然気持ちよくないかもしれません。

しかし、膣トレを続けているとなんかモゾモゾする、少し痛いけれどこれが気持ちよさに変わるかもしれないと感じることがあると思います。

中で感じられるかどうかは、ある意味思い込みも大切ですから、「もしかしたら、少し気持ちいいかも」「もしかしたら、このまま続ければ中の感度があがるかも」と前向きに思える人の方が、開発のスピードはあがる傾向があります。

これは、自己開発を指導した経験からも実感していて、前向きな人や感度があがっていくかもしれないと期待感を持っている人は、性感開発のスピードが速いです。

反対に、自分は感じられないカラダ。どうせやってもかわらないとネガティブに考える人は、本人が信じていないのですからどうしても性感開発のスピードが遅くなってしまいますす。

そういう女性は途中で諦めてしまうことが多いです。

これまでの男性経験でいい思いをしてこなかった場合に、諦めてしまう気持ちもわかります。
しかし、病的な不感症でない限り感度はあがっていきますし、もっともっと女性として気持ちいい体験やセックスで満足できる生活がかならず訪れますから、諦めず前向きに続けていただきたいと思います。

前向きに自分の身体を信じて行うこと これを覚えておいてくださいね。
そして、中イキを求めすぎるとプレッシャーになってしまいますから、自己開発は楽しんで(もちろん気持ちよく)行うようにしてください。

中イキのためにはやっぱり自己開発が必要

オナニーでイク時に、内ももに力を入れて脚をピンとした状態でしか逝けない(脚ピンオナニー)女性が多くいます。

そのような女性は、正常位やバック、騎乗位などで気持ちよくなってきて、逝きそうになっても脚を閉じれないため、普段のオナニーの時のような力の入れ方ができません。

そのため、中で逝きそうになっても中イキできません。逝くためには力みと脱力が必要ですが、セックス中にそれができないからだと言われています。

あなたが中イキを望むなら、脚ピンオナニーを少しずつやめていき、四つん這いやM字開脚オナニーでも逝けるようになってください。

四つん這いやM字開脚オナニーは、内ももに力を入れることができないため、最初のうちは逝きにくくなると思います。

しかし、オナニーでお尻、肛門括約筋、腹筋などに力を入れて(そして脱力して)逝けるようになってくると、普段のセックスでも中イキしやすくなります。

また、脚ピンオナニーから脱却した人の話では、他の部位に力を入れて逝くと、これまで以上の気持ちよさがあるそうです。
もっともっと気持ちよくなれることを楽しみにしながら、中イキ自己開発を続けていただければと思います。

自転車と同じで、こぎはじめが一番時間がかかります。
最初はうまくいかなくてもどかしさを感じるかもしれません。このやり方でいいのかな?と不安に思うこともあるでしょう。

しかし、週に2回オナニーするとしたら、1年間で48回の自己開発をするチャンスがあります。
さすがに48回も自己開発すれば、中イキするための力の入れ方はプロレベルに(笑)上達すると思います。

一度自転車の乗り方を覚えればあとは体が覚えてくれますよね。

中イキもそれと同じで、最初のうちだけ中イキ自己開発を行って力の入れ方がわかれば、その後のオナニーもセックスでも中イキのための力みかたを自然にできるようになります。

少しの頑張りでその後の人生が気持ちよいものになるのですから、中いき自己開発をやらない選択はないと思ってます。

中イキできて満足できるセックスができるとセックス後の幸せ感も増すことは容易に想像できると思います。
そして幸せを感じられている女性は美しく、なによりも自分自身を好きになれます。

そのような女性が多く増えることを願っております。

ゆう

♬あんなセックスいいな、できたらいいな。
あんなセックスこんなセックス、いっぱいあるぅ~けどぉ~~

みんなみんなみんな、叶えてくれる。
不思議なポッケが叶えてくれ~るぅ~♬
↑リンク

下記記事も参考にされてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中イキ開発風景


↑性感開発を受けて膣や子宮の感度があがった女性は、このようにカラダの外から子宮を揺らしても、快感がおそってきて逝ってしまいます。
感度があがっていれば、快感の波が襲ってくるたびに何度でも逝けるようになります。

↑こちらも体の外から子宮を揺らしています。開発が進むと、このように感度が上がるため揺らされれば逝けるようになります。

↑この女性は腕を拘束することで興奮が増して、何度も中イキできる状態になりました。

感度が上がっているので、男性がポルチオを揺らすたびに中イキしてしまいます。
*音声のみです

中イキするためには、このように前戯の段階で全身の感度が上がっている必要があります。

逝った後はからだ中が敏感になり、軽く撫でるだけでビクビクと感じてしまいます。

中イキ開発を受けてポルチオ感度があがると、お尻側を揺らすだけでもオーガズムを迎えることができるようになります。

⏩手マン動画
↑中イキ脳開発をしてさらに膣感度を上げてから手マンすれば、指を挿入して膣壁を押さえるだけで(指を動かさなくても)、女性は悶え続けます。これくらい膣感度をあげることで、中イキしやすくなります。

⏩挿入で(ピストンはしていません)女性が逝きたい時に逝っている動画
↑性感開発ではこのように、男性のテクニックに頼ることなく、自分で逝けるようになることをゴールにして中イキ開発をしています。

中イキ性感開発の詳細はこちら

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。