男性経験が少ない女性でも短期間で中イキできる中イキ開発体験ブログ

menu

「中でいく!」中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡

Gスポットってどうやって見つけるんですか?

ひとりエッチしながら性感開発をしているという女性から相談をいただきました。エッチなことが大好きでクリオナニーだけでは満足できず、もっと気持ちいいと言われている、【中でイク】を経験してみたいそうです。

このようにオナニーでもっと気持ちよくなりたいからという理由で、膣に指や道具を入れ始める子もいれば、彼氏とのセックスで中が気持ちよくないので、自分でも性感開発してみたいという子もいます。

こんにちは、『中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡』を運営しているゆうです。
このブログでは、男性経験が少ない女性でも、ポイントをおさえた性感開発やセックスをすることで、中イキやポルチオオーガズムを短期間で迎えられる情報を発信しております。

どちらの理由であってもエッチなことや自分の身体に興味を持つことは素晴らしいことだと思います。

よくある質問~Gスポット編~

Gスポットの位置がわからない

女性がひとりでGスポットに触れる場合は、小柄な女性だと指が届きにくい場合があります。
よく指を第2関節まで入れて、曲げたあたりと書いてありますが、それは男性の指の場合であって、女性の場合は指の根元まで入れないとGスポットに触れることができないと思います。
根元まで指を入れて、お腹側に曲げたあたりがGスポットです。ざらざらしているとか言われますが、人によってつるつつの子もいます。
【曲げたあたり】と書いたのは、そのあたりを圧迫するように刺激し続け、少しずつ位置をずらしながら快感ポイントを探らないといけません。人によって少し左右にずらした方が感じる場合もあります。
圧迫の強さはテニスボールを指で押さえて1センチくらい凹むくらいの強さで圧迫してみてください。これをしばらく続けていると、気持ちよくなってくる可能性があります。
圧迫のスピードは、速く動かせるならば早くても構いませんが、指が疲れてしまうので、1秒間に1回から2回くらいでも充分です。適切なポイントが見つかれば、1秒間に1回くらいのスピードであっても、圧迫するたびに「あんっ」と感じてしまうはずです。

Gスポットあたりを触っても気持ちよくない

クリトリスと違って、膣内の性感帯は開発されないとすぐに気持ちよくなりません。また開発といっても、ただ触り続ければいいわけではなく、性的に興奮が高まってきたりムラムラとしたエッチな気分がある状態で行わないと性感開発はできません。
全く感じない場合は、ムラムラして興奮した状態で、10分くらい刺激し続けることでようやく快感に変わってくることもあります。

もしも早くGスポットで快感を感じたいのなら、クリオナニーをして充分に気持ちよくなってから、Gスポットに触れてみてください。うまくいくと、いつもよりも膣内が柔らかくなっているのを感じるはずです。その状態でGスポット刺激をすると、いつもより気持ちよくなると思います。
ただし、クリイキするとエッチな気分が冷めてしまう女性もいます。もしもそういうタイプなら、クリオナニーで逝かずに、逝きそうになったらクリオナニーをやめて、10分くらいGスポットを刺激。興奮がさめてきたら、またクリオナニーをして、逝きそうになる直前でやめて、Gスポットを刺激するを繰り返してみてください。

ただ、どうしてもひとりで開発をしていると性的な興奮が少ないので、男性に他の場所も同時愛撫してもらったり、言葉責めなどをしてもらい興奮した状態を保ちながらGスポット刺激をした方が、開発スピードは速くなります。

Gスポットを触っているとおしっこがでそうになる

これは、本当におしっこがしたいか、潮吹きしそうになているかのどちらかだと思います。膀胱はある程度おしっこがたまってこないと、尿意を感じないようになっています。おしっこが100CCくらいたまっていても、尿意を感じないのですが、Gスポットの近くに膀胱があるため、そこを刺激すれば尿意を感じるのは当然のことです。
また、オナニーをする前にトイレにいったとしても、1分で1CCおしっこがたまりますので、1時間たてば60CC貯まることになります。

潮吹きしてみたいという女性はいます。AV女優さんみたいになれて自信を感じられることもあるでしょうし、中には潮吹きすることで興奮する子もいます。気持ちいいかというと、人それぞれです。
もしも尿意を感じて、気持ちよさが半減するようであれば無理にGスポット開発をする必要はないと思います。むしろ、ポルチオ開発をした方がもっと気持ちいいですし、ポルチオ開発されていれば、「もう死んでしまう」と思えるくらい、連続絶頂ができるようになります。

その他にいただいた質問と回答もありますので、ご確認ください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中イキ開発風景


↑性感開発を受けて膣や子宮の感度があがった女性は、このようにカラダの外から子宮を揺らしても、快感がおそってきて逝ってしまいます。
感度があがっていれば、快感の波が襲ってくるたびに何度でも逝けるようになります。

↑こちらも体の外から子宮を揺らしています。開発が進むと、このように感度が上がるため揺らされれば逝けるようになります。

↑この女性は腕を拘束することで興奮が増して、何度も中イキできる状態になりました。

感度が上がっているので、男性がポルチオを揺らすたびに中イキしてしまいます。
*音声のみです

中イキするためには、このように前戯の段階で全身の感度が上がっている必要があります。

逝った後はからだ中が敏感になり、軽く撫でるだけでビクビクと感じてしまいます。

中イキ開発を受けてポルチオ感度があがると、お尻側を揺らすだけでもオーガズムを迎えることができるようになります。

⏩手マン動画
↑中イキ脳開発をしてさらに膣感度を上げてから手マンすれば、指を挿入して膣壁を押さえるだけで(指を動かさなくても)、女性は悶え続けます。これくらい膣感度をあげることで、中イキしやすくなります。

⏩挿入で(ピストンはしていません)女性が逝きたい時に逝っている動画
↑性感開発ではこのように、男性のテクニックに頼ることなく、自分で逝けるようになることをゴールにして中イキ開発をしています。

中イキ性感開発の詳細はこちら

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。