男性経験が少ない女性でも短期間で中イキできる中イキ開発体験ブログ

menu

「中でいく!」中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡

騎乗位の苦手意識を克服した方がいい3つの理由

ゆうです。

中イキ性感開発についてのご相談はこちら↓

このブログで何度か書いてきましたが、騎乗位が上手になると今後のエッチがかなり変わります。
これまでの何倍も気持ちよくなれるし、これまでの何倍もエッチを楽しめるようになります。

逆に、騎乗位が苦手な人はものすごく損をしていると思います。
「騎乗位が嫌い」と思っている人もほんと損をしていると思います。

騎乗位が苦手な女性の特徴

中イキ性感開発の依頼をしてきた女性のデータですので偏っていると思いますが、騎乗位が苦手と相談してくる女性は、膣感度が低く、挿入の快感が少ない傾向があります。

騎乗位が苦手なのではなく、「上に乗って!」と彼氏に言われてまたがったものの、気持ちよくないから、動いていてもつまらない、
感じているフリをしているけれど、騎乗位は彼からはっきり見えるので演技がバレてしまわないか・・・という気持ちもあると思います。

今回の記事の目的は、騎乗位で気持ちよくなるコツをお伝えすることではありませんので、もしも
・騎乗位が苦手
・騎乗位が嫌い
という場合は、下記の記事を参考にしてください。

今回は、騎乗位に対する苦手意識を克服するメリットについてお伝えします。
この記事を読むことで、騎乗位をマスターしたいと思ってもらえると嬉しいです。

騎乗位の苦手意識を克服した方がいい3つの理由

自分で快感をコントロールできる

まずはこちらの動画をご覧ください。


この女性は中イキ性感開発を何度か受けた方なのですが、正常位で男性が腰を動かさなくても、自分で膣の気持ちいいところに当たるように動き、オーガズムを迎えています。

正常位に限らず、バック、立ちバック、松葉崩し・・・
様々な体位で、自分で気持ちよくなって自分で好きな時に中イキすることができるようになります。

どうしてそんなことができるかというと、どのあたりにペニスを当てると気持ちよくなれるか、どのように動くと中イキしやすいかを体で覚えたからです。

そのためにベストな体位が騎乗位なのです。

そりゃ騎乗位に苦手意識がある女性や騎乗位経験が少ない女性は最初はぎこちないですよ。

でも、騎乗位は自分で深さや位置や動きを調節できますから、回数をこなすことで自分の体のことがわかるようになってきます。

そして、騎乗位で自由自在に逝けるようになったらそのコツを応用することで、他の体位でも逝きたい時に逝けるようになります。
彼氏にテクニックがある事が理想ですが、彼氏にテクニックがあまりなくても、あなたの体を中イキしやすいカラダに開発し、騎乗位中イキをマスターすれば、その後は逝けなかった自分とは、バイバイです。

彼氏があまりにも早漏の場合は難しいですが、
エッチが終わった後に、自分だけ不満足なんてことからサヨナラできます。
彼が寝た後にこっそりひとりエッチをする必要もありません。

あなたに朗報があります。
騎乗位が苦手と思っているかもしれませんが、ちゃんとコツがわかれば2、3回エッチするだけで騎乗位はマスターできます。
というか、騎乗位が大好きになると思います。

もしもこの記事を読んで騎乗位をマスターして気持ちよくなりたいと思われたのなら、さきほど紹介した記事を読んで騎乗位にチャレンジしてくださいね。

逝きやすくなる(血流があがる)

このブログを読んでいる人の多くは、中イキしたい、逝きっぱなしを経験したい人だと思います。

何度も書いていますが、中イキするためには膣の血流がよくなることが最低限必要です。

そのために、エッチをする前にはお風呂で十分に温まって欲しいですし、エッチ中も部屋の温度をあげて体が冷えないようにする必要があります。

これらの最低限のことはもちろんして、さらに女性が積極的に体を動かすことで全身の血流が上がり、その結果膣血流が上がります。

そして、膣血流が上がると感度が高まるため中イキしやすくなります。

そのためにお勧めなのが騎乗位です。

正常位もバックも、松葉崩しも・・・
ほとんどの体位は男性が頑張りますが、騎乗位は女性が積極的に動くので血流がよくなりやすいです。

だから、騎乗位は中イキしやすい体位なのです。

はじめての中イキが騎乗位だったという女性は少なくないですし、中イキ性感開発でもまずは騎乗位で中イキを経験してもらうことが多いです。

逝きっぱなしになりやすい(連続イキしやすい体位である)

ポルチオ性感帯の事はある程度聞いたことがあると思います。

人によってはポルチオイキは、クリイキの10倍以上気持ちいいと言います。
(しっかり開発するとそれくらい気持ちよくなれます)

また、気持ちいいだけでなく、ポルチオイキは逝きっぱなし状態にもなりやすいです。

では、どうしたらポルチオイキできるかというと、やはり騎乗位がお勧めです。

他の体位は男性がポルチオ性感帯を刺激したり、支給を揺らすテクニックを持っている必要がありますが、騎乗位の場合は、男性にテクニックがなくても女性が自由に当てる場所や動き方(子宮の刺激の仕方など)をコントロールできすので、
ポルチオイキを経験しやすい体位なのです。

以上、騎乗位のメリットをいくつか紹介しましたが、他にも・・・

騎乗位は、男性が視覚的に興奮しやすい体位です。
騎乗位の快感を知った女性はとても艶めかしくそしていやらしく動くことができます。

あの腰の動き、乳房の揺れ、快感に浸った顔を下から見ていると、男性はとても興奮できます。

最初のうちは恥ずかしいかもしれませんが、男性は「本当に気持ちいいのかな?」と考えながらセックスするのではなく、あなたが恥ずかしさなんて気にしないで、快感に浸って腰を動かしているととても興奮するし、嬉しくなるものです。

ご相談はこちらから←

ゆう

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中イキ開発風景

<体外式ポルチオマッサージでオーガズムを迎える女性>


↑性感開発を受けて膣や子宮の感度があがった女性は、このようにカラダの外から子宮を揺らしても、快感がおそってきて逝ってしまいます。
感度があがっていれば、快感の波が襲ってくるたびに何度でも逝けるようになります。

<カラダの外側からポルチオ開発>

↑こちらも体の外から子宮を揺らしています。開発が進むと、このように感度が上がるため揺らされれば逝けるようになります。

<拘束などで性的興奮を作り出せば連続オーガズムは可能>


↑この女性は腕を拘束することで興奮が増して、何度も中イキできる状態になりました。

<中イキ後は全身の感度が上がる>
性感開発で何度も中イキできるようになると、「感じにくい」と悩んでいた女性でも、中イキ後に全身の感度がここまで上がります。

<数秒に1回、中イキできるようになった椿さんの性感開発音声>
感度が上がっているので、男性がポルチオを揺らすたびに中イキしてしまいます。
何度も逝っている音声
*音声のみです
*音声のピッチを変えてあります

<開発途中(前戯編)>

↑中イキするためには、このように前戯の段階で全身の感度が上がっている必要があります。
前戯で感度が上がっていないのに膣を刺激しても、中イキはできません。

<中イキ後のフェザータッチで全身が性感帯に変わります>

↑逝った後はからだ中が敏感になり、軽く撫でるだけでビクビクと感じてしまいます。

<お尻側からの体外式ポルチオマッサージでオーガズムを迎えている動画>


↑中イキ開発を受けてポルチオ感度があがると、お尻側を揺らすだけでもオーガズムを迎えることができるようになります。

⏩手マン動画
↑中イキ脳開発をしてさらに膣感度を上げてから手マンすれば、指を挿入して膣壁を押さえるだけで(指を動かさなくても)、女性は悶え続けます。これくらい膣感度をあげることで、中イキしやすくなります。

⏩挿入で(ピストンはしていません)女性が逝きたい時に逝っている動画
↑性感開発ではこのように、男性のテクニックに頼ることなく、自分で逝けるようになることをゴールにして中イキ開発をしています。

中イキ性感開発の詳細はこちら

 

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。