男性経験が少ない女性でも短期間で中イキできる中イキ開発体験ブログ

menu

「中でいく!」中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡

彼とのエッチで騎乗位中イキするコツは?

『中でいく! 中イキ性感開発体験ブログ名古屋・静岡』管理人のゆうです。
Twitterはこちら

中イキ性感開発の内容はこちらから↓


「中イキに憧れるけれど中イキできない」という女性にお話を伺ってみると、中イキできない原因は3つあります。
心理的な原因もありますが(ここが原因で中イキできない女性が多いですが)、ここでは触れないでおきます。

①エッチ経験が少なく膣の開発ができていない
②膣の開発はできているけど、彼のテクニック不足
③前戯不足(興奮不足)の状態で挿入している

それぞれについて詳しくお伝えしたいと思いますが、
まずは・・・

②膣の開発はできているけれど、彼のテクニック不足

この点についてお伝えしたいと思います。
今回はこれがメインテーマです。

ある程度長く前戯をしてもらい、心も体も興奮状態になってこれば、膣や子宮の血流が増えて(またメンタル的な要因により)感度があがります。

目安としては、
膣に指が少し入るだけでも思わず喘ぎ声が漏れる

それくらい膣感度が上がっていれば、つきあっている二人ならば、挿入での中逝きは難しくないと思います。

しかし、残念なことに男性のテクニック不足や早漏が原因で中イキできず悩んでいる女性がいます。

テクニックが未熟な男性の見分け方

前戯が丁寧で上手でも、手マンや挿入テクニックが未熟な男性もいるようです。

見分け方はとても簡単で、

手マンで激しくピストン(抜き差し)する男性

は、100%テクニック不足です。

いえ、正確に言うと
・AV以外でエッチの方法を学んだことがない
・そもそもエッチの方法を学ぶ気がない

男性だと思います。

今やネットで「手マン 方法」「エッチ 感じさせ方」と検索すれば、
激しい手マンがダメなのは常識だと思います。

しかし、相談される女性の話を聞くと、今だにそういう手マンをする男性がいるようです。

ご存知の通り、膣内にはいくつかの気持ちいいポイント(性感帯)があります。

そこをピンポイントで刺激をすれば、女性はどんどん気持ちよくなります。当然、刺激の方法はピストン(抜き差し)ではありません。

ピストンをすればポイントからずれてしまい、女性は快感が昇ってのぼっていかないからです。

逆に、膣内の性感帯だけを執拗に刺激すれば(グリグリとマッサージしたり、振動を与え続ける)女性の快感が高まっていくことを知っている男性は、

当然、ペニスを挿入した時も、適当にピストンをするのではなく膣内性感帯の位置を意識しながら腰を動かします。

少し角度をつけてGスポットを刺激したり、奥までグイっと入れてポルチオ性感帯を刺激したり・・・

もしもあなたの彼氏が
・手マンも挿入も適当にピストンしている
・あなたがそこでは感じていないのに、その場所を激しく刺激してくる
(無理やり潮吹きさせようとしたりなど)

という場合は、彼氏にセックステクニックをつけてもらうか、あなたがセックス技術を身につけるしかありません。

で、あなたにお勧めなのが騎乗位をマスターすること。騎乗位で中イキできるようになることです。

騎乗位中イキについては下記の記事でも書いてますので、よろしければ参考にしてください。

騎乗位中イキに必要なテクニックとは?

令和2年、たくさんの女性からご相談・中イキ性感開発のご依頼をいただきましたが、
やはり、
「騎乗位で気持ちよくなれない」
「騎乗位の動き方がわからない」
というご相談もたくさんいただき、騎乗位指導をさせていただきました。

その際確認していることは

挿入前に膣感度が上がっているか?(入ってくるだけで気持ちよくなれているか?)

です。

もしも前戯不足や経験不足などで膣感度が上がっていなければ騎乗位で気持ちよくなれません。

しかし、ここでは、話をシンプルにするために、膣感度が十分に上がっているにも関わらず、
・騎乗位で気持ちよくなれない
・騎乗位で中イキできない
場合の解決策を提案したいと思います。

十分に膣感度が上がっているにも関わらず騎乗位で中イキできない理由は、女性が膣内性感帯にペニスをうまく当てられていないからです。

さきほど、手マンの話をしましたが、膣内の性感帯ではない場所を刺激してもあまり気持ちよくなれません。

これと同じで、
・挿入した時
・挿入後動いている時

に適切に膣内の性感帯に当てる技術をマスターする必要があります。

マスターすると言ってもとても簡単で、
・男性の上に跨る位置
・膣にペニスを入れる時、ペニスの角度
・挿入後の女性の体勢(前かがみ、直立、後ろに倒れるなど)
・女性の腰の動かし方

を工夫すればいいだけですし、中イキ性感開発でも
それらをお教えし、マスターしてもらっています。

騎乗位時の膣、子宮の位置はこんな感じになります。

さらに赤丸の部分だけを抜き出すとこんな感じになります。

*赤い点々部分がポルチオ性感帯です。

あなたは男性のペニスを膣に入れる時、どのような角度で入れていますか?
そして、膣内のどこにペニスを当てて腰を動かしていますか?

もしも矢印②の角度でペニスを入れていたとしたら、
ペニスはGスポットに当たりにくくなります。

もしもあなたのGスポットの感度が高いならば
矢印①の方向にペニスを入れる必要がありますし、
Gスポットを刺激し続けられる位置、体勢、動かし方をする必要があります。

「騎乗位が苦手」

という女性のほとんどがこういったことを意識できていません。

なんとなく男性の上に跨り、なんとなく腰を動かす。
たまたま矢印①の角度でペニスが入り、Gスポットに当てられた日は気持ちよく、
矢印②の角度で入ってしまった場合は、気持ちよくなれない

そのようなことが起きているかもしれません。

でも、ご安心ください。

膣感度が高まっていることが大前提ですが、
今説明したことを少し意識しながら騎乗位を行えば、
すぐに上達できます。

「こっちの角度にペニスを入れてみよう」
「もう少し跨る位置を前(男性の頭側)にずらしてみよう」

と、少し工夫するだけで快感が違うことに気づけると思います。

そして、数回こういったことを意識して騎乗位を行えば
以降は、無意識に気持ちいいポイントに当てられるようになります。

騎乗位をマスターすればポルチオイキも可能

僕が行っている中イキ性感開発では、これ(ポルチオ逝き)をメインにお教えしています。

というのは慣れるまでに多少時間がかかりますが、
騎乗位でポルチオイキできるようになると、
Gスポットや他の性感帯でも自由自在に中イキできるようになるからです。

ポルチオセックスは簡単にマスターできる

もう一度この図を見てください。
子宮の先端部分は少しだけ膣にはみでています。
(ここをポルチオといいます)

そして、心(中イキ脳)と体の興奮が高まってくると、
ポルチオが硬くなり、膣にもっとはみでてきます。

その状態で矢印①または矢印②の角度にペニスを入れ
腰を沈めて、奥(ポルチオ性感帯)にペニスを当てます。

そして、ポルチオ性感帯にペニス(亀頭)を密着させたまま
前後に腰を動かすと、

ペニスでポルチオが揺れます

しばらく続けていると、カラダの奥から快感が次から次へと起こり、
うまくいけば中イキ(ポルチオイキ)できます。

中イキ性感開発では、このポルチオイキができるようになるお手伝いをしています。

というのは、
Gスポット中イキはクリイキと同じく、一瞬の強い快感が起きた後、人によってはくすぐったくなります。

一方、ポルチオイキの場合は、逝けば逝くほど快感が強くなりますし、逝った後に全身の感度が何倍にも上がるので、

ポルチオ逝きする

どこを触られても舐められても、キスしていても
今までの何倍も気持ちいい

気持ちよさのためさらに興奮が高まり

さらにポルチオイキしやすくなる

何度も何度も連続で逝けるようになる


イキ癖がつくと、他の男性とのエッチでも逝けるようになる。

 

という連続イキモードに入りやすいです。
*人によっては何度も逝くというよりは、逝きっぱなしになります。

最近では、下記女性が3回目のポルチオ開発で逝きっぱなしになれました。

さて、ここまでの話を整理しましょう。

男性の挿入テクニックに頼ることなく中イキできるようになるためには、

・キス、前戯、焦らし、で興奮状態になる。
・騎乗位で挿入角度、深さ、跨る位置、体勢、動き方を工夫する
・ポルチオイキしたいなら、奥まで入れる

たったこれだけの事をすればいいのです。

愛しあっている二人なら、これだけで必ず中イキできると断言できます。

こんなことを考えてセックスしなくても、中イキできる女性はたくさんいます。
でも、これまで膣トレしても男性を変えても中イキできないのであれば、こういった理論的な事も考えたほうがいいかもしれません。

そして・・・

こういった理論も理解して騎乗位で工夫しているにも関わらず、
彼とのエッチで騎乗位中イキできないとしたら・・・・

その原因は・・・

③前戯不足(興奮不足)の状態で挿入している

だと思います。

「ゆうさん、彼は前戯も長いし丁寧です。それでも中イキできません」

と言われることがありますが、
前戯が丁寧であっても、どれだけ長くても性的な興奮が足りなければ中逝きは難しいです。

・二人で協力してムラムラが高まるようなキスをする
・男性は焦らしや緩急をつけた愛撫で女性を興奮させる
・女性は自ら相手を求め、積極的になる(男性任せにしない)
・言葉責めなどで女性をさらに興奮させる
・クリの舐め方でも緩急をつけて興奮を高める
・全身、膣の性感帯を見つけて執拗に責めて興奮を高める

こういったことをしながら性的興奮を高めます。

「どれくらいになったら性的興奮が高まったと言えるのですか?」

お勧めは膣がほっぺまん状態になることです。
ほっぺまん状態についてはこちらの記事を参照
カラダの開発

まずは、ふたりで協力して膣がほっぺまん状態になることを目指してください。
そしてほっぺまん状態になっていれば、

先ほどお伝えした騎乗位の工夫をすれば中イキできると思います。
*男性が早漏の場合はのぞく

ポルチオ逝きできるようになれば、どんどん逝きやすいカラダになるので、他の男性とのエッチでも逝けるようになります。
つまり、騎乗位になってしまえば、いつでも男性のテクニックに頼ることなく、中イキできるようになります。

あなたに希望を持たせる話をするのであれば、
中イキ性感開発を受けたある女性は、3回目の性感開発で騎乗位で好きな時に逝けるようになりました。
逝きっぱなしにもなれるようになりました。

そして、彼氏ができ、彼とセックスしました。
彼は早漏だったそうです。
でも、その分前戯が丁寧でした。

彼の事が大好きだったので、彼氏の前戯で興奮し、騎乗位になれば、中イキできたそうです。

彼も同時に果ててしまうのですが、彼と一緒にイクことができ、とても幸せだと言っていました。

もちろん彼が早漏を克服すれば(たいてい克服可能)
そしてあなたが中イキできるカラダになっていれば、もっと気持ちいいエッチを二人で楽しむことができます。

そして最後に、

①エッチ経験が少なく膣の開発ができていない

についてお伝えしたいと思いますが・・・

・エッチ経験が少ない
・膣の開発ができていない

これらは中イキしやすさとあまり関係がありません。

というのは、これまで中イキ性感開発で男性経験が1~3人くらい。
多くて5人くらいの女性、高校卒業して間もない女性の開発もさせていただきましたが、

順を追って性感開発をすれば、
男性経験が少なくても(ほとんどなくても)中イキは可能だったからです。

僕の経験上は、
中イキしやすいかどうかは、男性経験よりもひとりエッチの経験数やひとりエッチの方法によって変わってきます。

最近の例ですと、下記女性は男性経験がほとんどありませんでしたが、初回の中イキ性感開発で中イキ、逝きっぱなしを経験できました。

このあたりの話はブログの他の記事や女性の中イキ体験談で時々触れていますので、そちらを参照していただきたいと思いますが、注意点をお伝えしておきます。

注意点1:
「中イキするためにはたくさん膣を刺激しなきゃ」と思って、バイブやディルドを使って中イキ自己開発をしている女性はものすごく多くいます。

でも、あなたの脳に「膣は気持ちいい」と感じる神経回路を作りながら自己開発を行わないと、膣開発はうまくいきません。

「膣は気持ちいい」と感じる神経回路ができあがると、膣を刺激するたびに快感物質が出ます。

快感物質が出るのでますます膣を刺激したくなります

クリオナニーと同じで、気持ちいいから膣を触るようになります。
「自己開発しなきゃ」という義務感で行うとうまくいきません)

注意点2:
「膣は気持ちいい」という神経回路ができあがったら、今度はどんどん膣感度が上がっていくようにする必要があります。

クリイキする時を思い出せばわかると思いますが、快感が高まるからイクわけですから、ただ「膣が気持ちいい」だけでなく、どんどん快感が高まっていくように開発するのです。

これは男性に協力してもらった方が早いと思いますが、エッチをすればするほど膣の快感が強くなっていくように、言葉責めをしてもらったり、カラダを開発してもらう必要があります。

この2点に気をつけることで、
・膣を刺激すればするほど快感が高まっていく
・エッチをすればするほどどんどんカラダが敏感になっていく
ようになり、

その結果、中イキしやすいカラダになっていきます。

ゆう

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中イキ開発風景


↑性感開発を受けて膣や子宮の感度があがった女性は、このようにカラダの外から子宮を揺らしても、快感がおそってきて逝ってしまいます。
感度があがっていれば、快感の波が襲ってくるたびに何度でも逝けるようになります。

↑こちらも体の外から子宮を揺らしています。開発が進むと、このように感度が上がるため揺らされれば逝けるようになります。

↑この女性は腕を拘束することで興奮が増して、何度も中イキできる状態になりました。

感度が上がっているので、男性がポルチオを揺らすたびに中イキしてしまいます。
*音声のみです

中イキするためには、このように前戯の段階で全身の感度が上がっている必要があります。

逝った後はからだ中が敏感になり、軽く撫でるだけでビクビクと感じてしまいます。

中イキ開発を受けてポルチオ感度があがると、お尻側を揺らすだけでもオーガズムを迎えることができるようになります。

⏩手マン動画
↑中イキ脳開発をしてさらに膣感度を上げてから手マンすれば、指を挿入して膣壁を押さえるだけで(指を動かさなくても)、女性は悶え続けます。これくらい膣感度をあげることで、中イキしやすくなります。

⏩挿入で(ピストンはしていません)女性が逝きたい時に逝っている動画
↑性感開発ではこのように、男性のテクニックに頼ることなく、自分で逝けるようになることをゴールにして中イキ開発をしています。

中イキ性感開発の詳細はこちら

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。