中イキ未経験の女性が性感開発を受けて、膣オーガズムを経験するネットにのっていない具体的な方法や読んですぐに実践したくなる、中イキ体験談の紹介~名古屋から発信~

menu

性感開発によるオーガズム体験 名古屋・静岡

緊張感が強すぎて、感度があがらないけいこさん(25歳)の中イキ体験応募

けいこさんは男性経験が3人でしかも、セックス経験もとても少ない女性です。
でも、最近性欲が強くなってきたそうです。でも、彼氏のセックスでは不満足。ともだちがセックスの気持ちよさを楽しんでいる話を聞き、悩んでいたそうです。
そんなけいこさんからの中イキ体験依頼です。

『性感開発によるオーガズム体験 名古屋』を運営しているゆうです。
このブログでは、男性経験が少ない女性でも、ポイントをおさえた性感開発やセックスをすることで、中イキやポルチオオーガズムを短期間で迎えられる情報を発信しております。

けいこさん(25歳)の紹介
男性経験:3人
セックスの悩み:膣が気持ちよくない、イク感覚がわからない、彼氏がただ腰をふるだけで気持ちよくなれない、バックが痛くて苦痛
希望のプレイ:手マンで中イキ、挿入で中イキ、リラックスできる会話、オイル性感マッサージ

中イキ性感開発を受けるかどうか迷っている方は体験談や中イキアンケートなどをお読みいただけると、当日の流れや雰囲気がイメージしやすいと思います。

ご依頼のメールをいただき、LINEでやりとり

メールをいただいてすぐに、LINEでやりとりしたのですが最初はお互いに敬語です。けいこさんは関西の女性なので、きっとノリがいいだろうと思い、ため口でやりとり。
さすがに、こちらのボケに対して上手につっこんでくれます。

駅で待ち合わせしてラブホテルへ

関西から名古屋まで来てくれて、名古屋駅で待ち合わせをしました。
顔もスタイルも自信がないといっていたけいこさんですが、駅で待ち合わせすると細身で目がぱっちりした可愛い女性です。
つきあった人数も男性経験も少ないと言っていましたが、遊ぼうと思えばどれだけでも男性がよってくるような可愛い子です。

事前のLINEやりとりでそこそこ仲良くなれていたので、会ってすぐにLINEでやりとりしていた内容などを話して、雑談で笑いながらラブホテルに向かいます。

久しぶりのラブホテルにはしゃぐけいこさん

本当に男性経験が少なく、ラブホにもほとんど入ったことがないようで、ホテルに着くと扉や引き出しを開けたりしてはしゃいでました。
こういう姿を素直に出せるところが可愛いですね。
でも、とても緊張されいるみたいで、その緊張をほぐすために一生懸命会話している感じがありました。
緊張はしているけれど、ちゃんと自分の意見をはっきりと言うし、会話へのレスポンスもよく人間性も好感が持てる子です。

前日は緊張しすぎて寝れなかったようですが、経験数が多い女性でも初対面の男性とラブホに行くわけですから、緊張するのは当たり前のことです。

オイル性感マッサージ

今の彼氏にも胸を見せるのは恥ずかしいというけいこさん。ガウンに着替えていただき(着替え中は、扉の向こうで待っていました)、部屋の照明をものすごく暗くして、オイル性感マッサージスタートです。

脚の裏のつぼやくるぶしまわりのつぼをほぐしながら、脚からお尻、背中へのマッサージをしていきます。
エステで慣れているため、お尻を人に見られるのは恥ずかしくないそうです。
たわいもない会話をしながら、30分ほどうつぶせマッサージをした後で、トイレ休憩。

トイレから戻ってくると「なんか、罪悪感がこみあげてきた」とけいこさん。

休憩して冷静になり、気持ちよくなりたい気持ちと罪悪感が混在し葛藤していました。僕が無理やり続けるわけにもいきませんし、けいこさんの判断に任せます。

「やっぱり彼氏に申し訳ないです。今日はやめてもいいですか?」

もちろん大丈夫です。
緊張感も強いですし、罪悪感が頭の中にうずめいている中で性感開発をしてもいい結果はあまり期待できないですし、感度もあがってこないですからね。

若い彼氏みたいに、興奮して射精せずにはいられなくなる。なんてこともありませんし、けいこさんの決断を尊重し性感開発はここで終了です。

オイル性感マッサージといっても、エッチな部分にはまったく触れてない段階だったので、逆に時間をかけて来てもらった僕のほうが申し訳なく思いました。

バックで気持ちよくなる方法を指導

何かひとつ持って帰っていただきたいと思い、彼氏とバックする時にどのように腰を動かしてもらえばいいかを指導しました。
今の彼氏とのセックスで最初は演技ばかりしていて、気持ちよくないと言い出せなかったそうなのですが、今はお互いのセックステクニックに対して言えるそうです。

とてもいい関係ですね。

ピストン運動されても気持ちよくないし、バックが痛いといっていたけいこさんですが、膣奥に当てられるとたまに気持ちいことがあるそうです。
そこがけいこさんのすでに開発できてきている性感帯かもしれません。
気持ちいいポイントにあててもらったら、彼氏が腰をパンパンと振るのではなく、奥に当て続けてけいこさんが気持ちよくなれるような動かし方を指導しました。

また、膣内の開発の方法も指導しました。
膣が感じない女性のほとんどが、膣内が硬いです。ですからソフトなマッサージを十分に行う必要があります。
どれくらいの圧力で膣壁を刺激するのかを指導し、彼氏にやってもらうように伝えました。

まだ若い彼氏で性欲が勝ってしまうこともあるだろうし、時間がかかるかもしれませんが、これからが性欲が強くなってきて、セックスの本当の気持ちよさを感じられてくる年齢ですから、ふたりでがんばっていただきたいですね。

ゆう

けいこさんの中イキ性感開発のまとめ
罪悪感を感じる意外にも、友達と喧嘩して悩んでいる、明日の仕事のことで悩んでいるなど。
頭の中にそういった感情があると、セックスに集中できないことがあります。
中イキするためにはセックスに集中することが必要ですから、考えことや悩みことがある時は感度があがらなくて当然です。
そういう気持ちのまま彼氏とセックスしても、気持ちよくなれないことが多いので、彼氏や友だちに打ち明けるなどして、気持ちを整えてから行ったほうがいいかもしれませんね。

追伸:
今の彼氏とは2年以上つきあっていて、最初はずっと感じている演技していたけれど、言い出せなかったそうです。でも、友だちの話などを聞き、自分も中イキしたいし、気持ちいいと思いたい、イク感覚を味わいたくて、おもいきって彼氏にもっと上手にして欲しいと伝えたとのことです。
ずっと我慢してきたんですよね。そういう女性って多いと思いますが、つらいし彼氏に怒りを感じてしまうこともあるかもしれません。

主婦でセックスに不満足の人もいますが、もっとつらいと思います。毎日の家事をやっていて、たまに癒されたいと思っても、旦那さんのセックスが下手だったり、自分勝手なセックスをする旦那さんだと、ほんとつらいと思います。

そういう人に、今までよく頑張ってこられましたね。そう伝えたいです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。

『愛される女性になるための中イキセラピー』さんでも記事を書いています。
 ⇒中イキセラピー