中イキ未経験の女性が性感開発を受けて、ポルチオイキを経験する。ネットにのっていない具体的な中イキ方法や読んですぐに実践したくなる、中イキ開発法

menu

中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡

中イキ性感開発体験談:エッチ中の恥じらいを克服し中イキまっしぐらのひとみさん

先日、名古屋駅某所で裏垢男性と健全な飲み会をしてきました。

何度かTwitterから丁寧な質問メッセージをいただき、返答すると毎回丁寧なお礼もいただいていました。

とても好感の持てる男性でいつかお会いしたいなーと思っていたところ、僕が活動を休止すると書いたら、「その前にお会いしたい」とお誘いいただけました。

大いに下ネタで盛り上がり、ポルチオ開発やポルチオイキの魅力について熱く語らせていただきました(笑)

こんばんは。
どういうわけか、男性にだけはモテるゆうです。

恥じらいが原因で中イキできない女性の特徴

ひとみさんの依頼理由もそうですが、ただ気持ちよくなりたいだけでなくて、

・彼氏と快感と幸せ感を感じられるセックスができるようになりたい
・結婚前に(次の彼氏ができる前に)中イキできるカラダになっておきたい

という前向きな理由で依頼される方が多いです。

正直、気持ちよくなりたいというのは男女問わず当たり前のことだと思うし、みなさん恥ずかしそうにそれを告白されますが、僕からすると99%以上の人が望んでいることなので、恥ずかしそうに「気持ちよくなりたい」と言われても、「当然ですよね」としか思えません。

そうではなく、どのように気持ちよくなりたいか?それを得ることでさらにどうなりたいのか?が気になります。
・気持ちよくなるだけでなく幸せ感も感じたいのか
・女性として中イキできるようになりたいのか
・彼氏と一緒にオーガズムを迎えられるようになりたいのか
・結婚を意識して中イキできるカラダになっておきたいのか
(結婚したらさすがに性感開発の依頼などしにくくなるため)

ひとみさんの場合は、彼氏とのつきあいは長いけれど幸せ感を得られるセックスができておらず、また彼氏がセックスに対して淡泊なので、まずは彼氏のテクニックにたよらず中イキできるカラダになること、そして中イキ性感開発で学んだことをひとみさんが彼氏に教えること。

が僕に依頼した理由でした。

しかし、ひとみさんはとても恥ずかしがり屋でセックス中に「気持ちいい」とか「もっとして欲しい」とか言えませんでした。
中イキするためには快感に没頭し、そして自分の素直な欲求をおさえつけることなくセックスを楽しむことが必要ですが、ひとみさんはそれができませんでした。

程度の差はあっても多くの女性が自分の素直な欲求やエッチな欲求をオープンにすることに抵抗がありますが、中にはとにかく恥じらいが強い人がいます。

そういう人にはなんとなく特徴があって、
普段頼られる存在 
 ⇒弱い部分がなさそうと周りから見られてしまっている
容姿がよくてモテたりちやほやされる(お水系の女性はセックスとなると案外恥ずかしがり屋が多い)
 ⇒そのうち乱れる姿や本当の自分を見せられなくなっていく

このような人たちが中イキできなくて悩んでいる場合は、自分の欲求を素直に出し受け止めてもらい、ありのままの自分、だらしない自分、本当の自分を出しても大丈夫。
本当の自分をだしたほうが、気持ちいい

という経験をする必要があります。

中イキ性感開発2回目のひとみさん

今回はエッチ中に「気持ちいい」と言うのも恥ずかしいし、「ここ触って」「ここ舐めて」「もっとして」なんてとても言えないというひとみさんの中イキ性感開発2回目です。
*かなり前の中イキ体験談になります


定番のベッド写真
*僕は女性の許可かつ興味深々がなければ女性は写しません

定番お菓子の詰め合わせをいただきました

1回目では快感と興奮が高まることによって「クリ気持ちいい」「もっと突いて」などと、半分は努力、半分は自然に言えたというひとみさん。

ひとみさんの中イキ、ひとりエッチなどのアンケートはこちら↓

ひとみさんの1回目の中イキ性感開発体験談はこちら↓

1回目を終えたら、2回目をただ待ってもらうのではなく、1回目の中イキ性感開発で体験したこと、学んだこと、気づいた自分の性感帯などを彼氏に伝えたり、自分で開発したりしてもらっています。

男性に逝かせてもらえるカラダになるのではなく、自分で逝けるカラダになる

逝かされる私ではなく逝ける私

それをゴールにしてるので、自己トレ(膣トレや中イキ呼吸、体外式ポルチオ開発など)は必要です。
僕に言われたからするのではなく、すべては自分のため・自分の人生をよくするための選択です。

1度お会いしているのでその後は、少しずつ(まだ恥じらいが感じられますが)エッチな報告もしてもらっていました。

・膣トレの成果
・彼氏とエッチする時に膣を締めるコツ
・ひとりエッチで気をつけること

などお伝えし、1回目以降何度かやり取りができた人は、2回目にお会いする時にはそれなりの成果が感じられます。

「少しずつ成果がではじめているね」と伝えることで女性は自信がつきますし、「中イキできるカラダになっていっている」と、自分のカラダに対する期待感が生まれてきます。
この自分自信に対する期待感や信頼があるかどうかが、中イキできるかどうかを決めるといっても過言ではありません。

僕がやっていることはカラダの開発ではなく、こういった自信をつけてもらうことの方が大きい気もしています。
*テクニックは大したことありません。

「エッチなことをいうのが恥ずかしい、感じる自分を見せるのが恥ずかしい・・・」と考えていた女性が、
やりとりをするうちに、
「私、中イキできるようになっていってる」と思えば、恥じらいとかそんなこと考えなくなっていきます。
このように考え方がシフトしていくようサポートするのも、性感開発のひとつです。

ですから、途中のやりとりも大切にしています。

今回はさらに恥じらい捨ててエッチに望んでいただきます。

前回、感度もよくもっと恥じらいを捨てられそうという手ごたえを感じましたので、今回はさらなる快感で「恥じらいなんて気にする余裕がないくらいエッチに没頭し、エッチな気分になること」をゴールにしました。

この先にしか中イキはないため、焦らず進めていきます。

3回目か4回目の性感開発で中イキしていただくことをゴールにしようと思っています。

リラックスできそうな前回と同じホテルで性感開発スタート

ラブホ選びは楽しみのひとつでもあります。

ただ、今回は前回と同じホテルの方がひとみさんがリラックスできるかなーと思い、そちらをチョイス。
*迷った揚げ句、隣の同系列のホテルにしました。

ラブホに慣れていな女性の場合は、いろんなホテルに来ていただくよりも同じホテルの方がいいかもしれませんね。

*ひとみさんのイメージ写真
*目鼻立ちがとてもはっきりしているかなりの美人さんです

お会いするのは2回目ですし、最初から恥じらいを捨ててもらうためにも一緒にお風呂に入ってから性感開発スタートです。

詳細は省略しますが、
・フェザータッチ
・言葉責め(快感や興奮度合いに合わせて気持ちを盛り上げてもらう)
・執拗な焦らし
・性感帯の感度を敏感にしソフトな刺激でも感じられるようにする

ここまでやって、「早く敏感なクリやおま●こも触って欲しい、舐めて欲しい」「いれて欲しい」という気持ちを十分に高めてから下半身を愛撫していきます。

ひとみさん自身も恥じらいを捨てて快感を楽しむ覚悟を決めてきてましたので、かなり心も体も敏感になっていました。

今回は恥ずかしい言葉などを少しずつ言ってもらってブレーキを外していくというよりは、

快感のあまり理性が外れ

・もうどうなってもいい
・気持ちよくなるためには恥じらいなんて気にしてられない

くらいの快感を与えることをゴールにしました。

きっとひとみさんもそれを理解されていたと思いますが、
「もっとしたい」「もっと気持ちよくなりたい」」と思えるくらいの快感を感じていただくことができたようです。

感想でもいただいてますが、理性という殻を破りエッチを楽しんでいただけたようです。

散々ぺ●スでポルチオ性感帯を揺らした後に、体外式ポルチオマッサージも行い、体の外側からの微細な振動でも子宮の揺れを感じ、気持ちよくなるレベルにもなりました。

この状態になると、車の振動や歩いた時の振動で子宮の揺れを感じられるようにもなってきます。
そうなると、日常の動作がポルチオ開発になります(笑)

性感開発もセックスで感度があがっていくのも、性感帯への意識の向け方次第でその開発スピードは全然変わります。

子宮の揺れ=気持ちいい

ということを体感できれば、自然と子宮(子宮の揺れ)に意識を向けやすくなるため(気持ちいいから意識が勝手にそこに向いてしまう)開発が進みやすくなります。

もう最後の方はたくさんたくさんエッチを求めるようになりました。

理性が外れた女性の感じる姿はとても可愛いし魅力的に感じます。
性感開発で出会った関係とはいえ、自分の前だけでそういった姿を見せてくれているわけですから、嬉しさも感じます。

理性を外したり恥ずかしさの克服に2回必要でしたが、今後はポルチオ開発や全身の感度アップに集中できるので、ここからはかなり早く進むと思います。

僕が得意とする言葉責めでさらに興奮を高めていくこともできると思います。

ひとみさんと同じように恥じらいがエッチ中の快感を邪魔している女性は、ひとみさんの変化が参考になると思いますので、今後ひとみさんが中イキできるまでの経過を楽しんでいただければと思います。

ゆう

中イキ性感開発2回目の感想:ひとみさん


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。