中イキ未経験の女性が性感開発を受けて、ポルチオイキを経験する。ネットにのっていない具体的な中イキ方法や読んですぐに実践したくなる、中イキ開発法

menu

中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡

中イキしたい人のためのキステクニック

2019年3月12日更新

中イキするために、キステクニックの重要性を考えると、実は手マンや挿入の体位などよりももっと大切かもしれませんね。
男性も女性も心の中で思っていても、相手に面と向かって「キスが下手」だなんて言えませんが、心の中では思っているかもしれません。

こんにちは、『中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡』を運営しているゆうです。
このブログでは、男性経験が少ない女性でも、ポイントをおさえた性感開発やセックス、膣トレをすることで、中イキやポルチオオーガズムを短期間で経験できるような情報を発信しております。

キスひとつでセックスの質が変わりますし、またキスが上手がうまい男性は女性に好かれます。キスが上手な女性は男性をキスの仕方しだいで、男性をムラムラさせ、エッチな気持ちに変えさせるパワーを持っています。

中イキするために必要なキステクニック

このブログのメインテーマは中イキやポルチオイキですから、キステクニックの中でも女性を中イキさせるために必要なキステクニックをお伝えしたいと思います。

オーガズムマインド

女性を中イキに導くためのキステクニックについてお伝えしていくのですが、その前にもっともっと大切なマインド部分について触れていきたいと思います。

女性を短い時間でオーガズムに導くために催眠を使うのは大変有効です。最近では催眠を使えばかなりの確率で中イキしていただいたり、膣内の感度をあげることや、逝くことに対する恐怖心をとることに成功しています。

そして、催眠を使って中イキ確率をあげていると、面白い事に気づいてきたんですね。
それは何かと言うと、ある二つの条件がそろうと、女性が中イキできるということです。

ひとつ目は安心感やリラックスです。
二つ目が性的な興奮です。

催眠術をかけるためには、術師の事を信頼して安心していただくのはもちろんなのですが、それ以外にこれから始まる事に対して安心感を持ち、そしてリラックスしてもらう必要があります。

そのため、自律神経を整えて気持ちよくリラックスできるリラックスセッションを最初に行います。十分にリラックスできてくると、カラダがポカポカと暖かくなってきますから、感度も上がりやすくなります。

そして、十分にリラックスできて体も心も温まってきたら、徐々に女性を性的に興奮させるような言葉(暗示)を投げかけていきます。性的に興奮するとムラムラしますし、カラダのところどころがモゾモゾして気持ちよくなってきます。

この状態になってからはじめて、手マンや挿入で膣内を丁寧に愛撫していくと、中イキしやすくなります。

大切なのは、リラックスそして興奮です。

キスをする時もこのリラックスと興奮が大切で、女性が安心・リラックスできるような配慮そして、女性を感じさせながら同時に、興奮させるような言葉責め、焦らし、触れ方舐め方をしていきます。

この中イキに不可欠な、女性を安心させようというマインドと、女性を興奮させようというマインドの二つをオーガズムマインドと呼んでいます。

女性が安心できるような配慮とキス

子作りに励むあるいは女性が中出し好きならば話は別かもしれませんが、生エッチはおススメできません。私たちの生存本能は、私たちを守ろうとしています。ですから、よほど相手を信頼してこの人の子供を授かってもいいと思っていないと、本能の部分で生エッチに対して危険を感じるんですね。危機感を感じると交感神経という攻撃や防衛のための神経が活発になるため、女性はリラックスできなくなります。

男性のいいなりになって生エッチをさせられている女性は、キスの段階から本能のレベルで恐怖心を感じてしまいます。当然キスで感じる事も少なくなりますし、その先にあるオーガズムや中イキに到達できるはずがありません。キスをする前に、目の前の女性を大切に扱うマインドが必要です。

このようなマインドを持ちながらキスをしていきますが、その時に女性を安心させようというマインドを持っていれば、ソフトなキスができますし、女性の髪や体を撫でながら(安心感を与えながら)キスするのも、自然にできるようになります。

頭を撫でることやボディータッチしながらのキスはよく聞くテクニックだと思いますが、このように女性を安心させたい、女性を大切に扱いたいという気持ちがないと、どうしても雑になってしまいますし、女性はあなたの気持ちを敏感に感じ取るものです。

キスで気持ちよくなるには?

クリトリスもおちん〇んもごしごしと触られたら痛いように、乾いた唇でするキスでは気持ちよさが半減してしまいます。
リップを塗ったり唾液で唇を濡らすなどの工夫をしてから、ソフトなキスをすると唇が性感帯になったように相手を感じさせることができます。

お互いに大好きな相手なら、少し唾液をためて相手の唇全体を濡らすように、上唇、下唇と順番に唇で責めた後にキスをすると、これも気持ちいいですね。

そして耳たぶから首筋にかけてフェザータッチしながらのキスも、キスの気持ちよさを増幅させることができます。

性的興奮を高めるキスのコツ

エッチするムードになってきたら明かりを暗くする、部屋を適度に暖かくするといった配慮や女性を大切な宝物を扱うように優しくフェザータッチしながらキスをする。このような事をして女性がリラックスできてきたら、そして濡れた唇でのフレンチキスで少しずつ興奮してきたら、ディープキスをしていきます。

このディープキスで上手に舌を動かせる女性にあまり出会った事がありません。興奮してくると舌を出してディープキスをするんですが、ただレロレトと舌を動かしているだけでは、勿体ないです。

お互いの呼吸を合わせて、相手が気持ちよくなるディープキスをしたくないですか?
そのコツは・・・

「気持ちいいところがあったら教えてね」と言って、お互いにどうすれば気持ちいいか確かめあいながらディープキスをすることです。
フレンチキスを重ねて気持ちよくなってくると、女性が口を半開きにして次のキスを待っている時がありますよね。その時くらいがディープキスへと移っていくタイミングです。

「気持ちいいところがあったら教えてね」と言ってまずは男性が舌をとがらせて(といっても固くしてはいけません)舌を女性の口の奥の方に入れたり戻したりします。リズムがつかめてくると女性もそれに合せて舌を動かせるようになります。
また、男性が舌を出して、女性が唇でフェラをするかのように男性の下を出し入れし、わざと音を立てるのもとても興奮します。

そして、お互いにリズムが掴めて呼吸が合ってきたら、「口をあけてて」と言って、相手の唇を舐めたり、歯茎や裏ベロを舐めたりします。
女性はこの時、気持ちよかったら男性の腕をギュッと掴んだり声を出して反応しましょう。

このように、まずは女性が安心できることを意識したムード作りやキスをして、そして次に興奮を高めていく事を意識して、できる限り二人で協力して、気持ちよくなれるディープキスをしていくことで、その先の愛撫でも興奮が高まっていきやすくなります。

この体験女性の感想にあるように、家に帰ってから思い出してしまうような気持ちいいキスをするテクニックがあります。
基本はこの記事で書いておりますが、彼氏をキスで興奮させたり気持ちよくさせたい方は、キス講習も受けられることをおすすめします。

ありがとうございました。

ゆう

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。