中イキ未経験の女性が性感開発を受けて、ポルチオイキを経験する。ネットにのっていない具体的な中イキ方法や読んですぐに実践したくなる、中イキ開発法

menu

中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡

男性が先に逝ってしまうので、中イキを経験できない陽子さん(38歳)のオーガズム催眠体験

名器と言われる女性がいます。膣内にヒダヒダがあり、男性は軽くピストンするだけでも気持ちよすぎるようです。また締め付け具合がよかったり、男性器を吸い上げるよう膣が動く女性もいます。男性はその女性の虜になります(笑)

今回ご依頼をいただいた陽子さんも名器で、男性経験はそこそこあるようですが、男性が先に果ててしまうため中でオーガズムを迎えた経験がないく、ご依頼いただきました。

陽子さん(38歳)の紹介
男性経験:数は聞き忘れましたが、そこそこあり、現在はかなり年下の彼氏がいるそうです
セックスの悩み:男性が先に果ててしまうので、中イキできない。一度中イキしてみたい
希望プレイ:オーガズム催眠

名器と言われる女性にふたり出会ったことがありますが、2人とも膣トレをして男性を喜ばせるテクニックを磨いていました。ひとりはエッチな事が大好きで好奇心旺盛かつ研究熱心な女子大生さんです。バキュームフェラの腕も一流でした(笑)

陽子さんは、膣トレをしたわけではなく、気持ちよくなってくると膣が男性器を吸い上げるような動きをするそうです。天然の名器ですね、きっと。

男性からしたら手放したくない女性だと思いますが、陽子さん自身は男性が先に逝ってしまうので、いいところまでいってもオーガズムを感じたことがなかったそうです。それで、今の彼氏と中イキできるように頑張っているのですが、早く中イキを経験したいという事で、催眠に興味を持たれたそうです。

会いたいとも言われましたが、陽子さんは彼氏とセックスの話をよくするそうで、とてもいい関係を築いていると感じられたため、通話のみにしました。時間はかかるかもしれませんが、きっと彼氏とセックスを工夫していつか、中イキできるようになると思ったからです。

LINEでやりとりし、日程調整して通話でオーガズム催眠をしました。
なお、念のためお伝えしておきますが、僕にはテレホンセックスの趣味は全くありません。相談される女性で地理的にお会いできない人や、会うのは勇気がでない、という人のお役に立てればと思って、行っています。ほんとですよ(笑)

まずは催眠の簡単な説明をして、陽子さんの不安を減らします。催眠には全く興味がなく、ただオーガズムを感じられれば催眠でも試してみたいという人でしたので、かかるかどうか、少し不安はありました。

理論的に催眠状態の説明をしたり、日常で誰でも催眠状態になっている話などをしたのですが、
「はい」というそっけない返事しかありませんでした。

avatar

ゆう

催眠かかるかな・・・

指をぎゅっと握っていただき、暗示をかけると握ったまま開くことができなくなる、運動系の暗示をかけると、うまくかかりました。
通常催眠にかかりやすい人だと「え~~、おもしろ~~い」というノリノリの反応をすることが多いのですが、陽子さんはイマイチ驚いている感じがしません。

avatar

ゆう

雲行きが怪しくなってきた・・・

運動系の暗示がかかったので、今度は感覚系の暗示をかけます。掌がクリトリスのように敏感になる暗示をして、自分で触れてもらうと、

「くすぐったいです・・・」

全くかかりませんでした!!

このままでは申し訳ないと思い、時間をかけてリラックス系の暗示をし、そこから徐々に感度を高める暗示をする方向に切り替えました。これが見事にヒット!!

こんな流れです。

ベッドに横になっていただき、リラックスできる言葉を投げかけていきます。「息を吸って~~はいて~~~、吸って~~~、吐いて~~~」「あなたがとってもくつろげる部屋にいるところを想像してください・・・・」

こんな感じでまずは心を落ち着けていただき、暗示がかかりやすい状態にしていきます。携帯越しに聞こえてくる陽子さんの呼吸から、リラックス具合を判断し、徐々に催眠を深めていきます。

「真っ白な10段の階段を想像してください。あなたの目の前に扉があり・・・、扉を開けると真っ白な10段の階段が現れます。そして、階段を一段ずつ降りていくと・・・・・」

階段を降りるごとに、意識の深いところに降りていく言葉をかけていくと、陽子さんがどんどんリラックスしていってるのが感じられました。

しばらく催眠状態を深めた後に、エッチな気分になる言葉をかけていきます。といっても卑猥な言葉を言うわけではありません。カラダが火照ってきたり、アソコがじんわりとしてくるようなイメージを与えていくのです。

陽子さんの吐息が漏れてきて、うまく暗示が入っているのがわかりました。

さらにカラダ中が敏感になる暗示をかけていくと、少しずつ喘ぎ声を漏らし始めます。僕は電話越しに言葉をかけているだけで、陽子さんがひとりで気持ちよくなっていってます。

人によってはひとりで感じていることを恥ずかしいと思うかもしれませんので、「それでいいですよ。あなたは感じてもいいです。気持ちよくなって声が出るのは当然のことなんです。とっても可愛い声ですね」と感じている事を肯定し、受け入れます。

こういうのは、催眠に限らずとても大切だと思っています。感じる事や声を出すことを恥ずかしいと思う女性はいっぱいいますからね。ちゃんと男性が受け止めて、そんな君の事が好きなんだと伝える必要があります。

「カラダ中が敏感になり、当然あそこはもっと敏感になる。今までで一番気持ちよくて感じてしまったセックスを想像してください。その時よりももっと気持ちよくなっていきます」と暗示をかけていきます。

通話でも実際にお会いする場合でも、催眠の効果を出すためにはあなたのイメージ力が必要です。できればこれまでに経験した一番気持ちよかった時の事を普段から思い出しておいてください。

陽子さんの頭の中で何が起こっているかは想像しかできませんが、おそらく今までで一番感じた時のことを想像し、それが今現実に起こっているかのような感覚になっていると思います。

催眠は、あなたの想像力を高める技術です。そして深い催眠状態で想像すると、それが現実に起こっているようにイメージが浮かび、感覚もはっきりと感じることができます。

あなたがオナニーしながら、こんなエッチがしてみたいとか、こんな風に犯されたいっという想像をすることがあると思います。その想像が現実になったかのようなイメージや感覚を味わうことができるのです。
 *かかりやすい人の場合です

陽子さんは手がクリトリスになる暗示は失敗しましたが、リラックスセッションをしたせいか、うまく暗示に反応するようになりました。

想像の中で体格がよくぺ●スが大きい男性とエッチしている気分になっていたそうです。

「あああ~~~ん、気持ちいい~~~、もっと~~」と喘ぎ声を出しています。陽子さんがもっと気持ちよくなれるように「もっとちゃんと頼まないと、犯してくれないよ!」と煽ります。

「もっと突いてください、奥、奥、おくが気持ちいいです」
「あんっ、あんっ、あんっ、あんっ」

正常位かバックなのかわかりませんが、理想の男性にバックで突かれている気分になっているみたいです。「陽子さんのアソコが締まっても、その人は全然逝きませんよ。もっと思う存分犯してもらって」

「あぁぁぁぁぁ~~~~、あ”あ”あ”あ”あ”~~~~~、逝きそう~~~」

中でイクことが陽子さんの望みでしたから、嬉しかったですね。想像の中とはいえ、陽子さんが中イキしそうになっています。「陽子さんが望んだ通りに、陽子さんが何度逝っても、まだまだやめてくれませんよ」と煽ります。

「あん、あ~~~ん、いくっ、いくぅ~~~~~~」陽子さんが(想像の中で)中イキしました。

avatar

ゆう

おお~~~、おめでとうございます(笑)

「どうしたい?もっとして欲しい?」

「もっと、もっとしてください」

陽子さんは何度も何度も絶頂を迎えられました。

「逝きたいだけ逝っていいですよ。十分満足できたら教えてくださいね」

20分くらいずっと喘いで何度も何度も逝ってました。ここまでうまく催眠がかかってひと安心です。

想像の中とはいえ、中イキできた感覚がカラダに刻まれますので、今後のセックスで中イキしやすくなる可能性があります。陽子さんに満足いただけたようなので、しっかりと催眠から覚めてもらいます。

avatar

ゆう

すごい大きな声を出して、何度も逝ってましたね

ありがとうございます。すごく気持ちよかったです。

avatar

陽子さん

avatar

ゆう

力を入れてください、そう、しっかり力入りますね。催眠からも覚めてますよ

私が催眠にかかると思いませんでした

avatar

陽子さん

avatar

ゆう

かかりにくいかなーと思いましたけど、よかったです

今後陽子さんが、彼氏とした時に感度が上がって、これまでよりも気持ちいいセックスを経験されるのを願うばかりです。

ゆう

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。