中イキ未経験の女性が性感開発を受けて、膣オーガズムを経験するネットにのっていない具体的な方法や読んですぐに実践したくなる、中イキ体験談の紹介~名古屋から発信~

menu

性感開発によるオーガズム体験 名古屋・静岡

騎乗位でも正常位でも好きな時に中イキできるようになった椿さんの中イキ性感開発体験談

『性感開発によるオーガズム体験ブログ 名古屋 静岡』のゆうです。

今回は4回目の中イキ性感開発を受けられた椿さんの体験談です。
椿さんの初回の中イキ体験談は↓

中イキできそうだけれどあと一歩・・・
という人の参考になると思いますし、

彼氏の一言などで「もっと感じなきゃ」「中イキしなきゃ」と自身にプレッシャーをかけてセックスしてしまっている女性にとっても参考になる記事を書きます。

椿さんの紹介
・男性経験●人ほど
・乳首で感じられない
・膣が緩いと言われたことがある
・お会いするまでは中イキ未経験(中イキの感覚がわからない)

 椿さん一回目の中イキ性感体験

椿さんは一回目の性感開発からお泊り性感開発(エロさを避けるためお泊り研修と呼んでいる 笑)を受けられました。

かなり緊張されていて、また僕を本当に信用していいのかという不安を抱えていましたが
(当然のことです!どれだけやりとりが丁寧でも、ブログやtweetにいいことを書いていても、嘘をついている男性もいますからね)、

初日の夜中までのなかいき開発では、痙攣が止まらない状態になりました。
ただし、この時はなかいきしている感覚はありません。

僕の経験上、中イキしている時の状態になっていましたが、本人は中イキしているという感覚はなかったそうなので、
「中イキできてるよ」と伝えたところで、納得感はないでしょうし、期待していたほどの満足は得られてなかったと思います。

翌日、メンタル面で抱えているものがあったためカウンセリングを行い、そのあと中イキ性感を体験していただきました。
そして、「あんなに逝きまくるのはAVの演出でしょ?」と思っていた椿さんですが、中イキはもちろん、愛撫だけでも逝けるようになりました。

2度目、3度目とお会いし(遠方の方のためすべてお泊りです)、
先日4回目のなかいき性感体験を受けられました。

LINEのやりとりや通話を頻繁にしていたため、信頼関係はできていました。

4回目の性感開発で、自由自在に中イキできるようになる

東京池袋で集合し、知人男性と椿さんと僕の3人で、カフェでエロトークしたあと、ホテルへ。

カフェにいた時からムラムラが高まっていた椿さん。
知人男性と別れた後のホテルまでの道のりで、お互いにじゃれあいながら体に触れたりして気分を高めていきます。

そして途中で寄った公園でキス。
ここでスイッチが入ったようで、ホテルの部屋に入った瞬間にお互いを求めあいました。

【前戯はホテルに入る前から始まっている】
の精神で、ムラムラや興奮を高めておくのは大切だと思います。
興奮を徐々に高めていき、挿入する時には、興奮マックスになっていれば、挿入した瞬間に中いきする事も可能だからです。

フレンチキスから、舌を絡めあうキスへ。
首筋にキスをしようとすると、<span style=”color: #ff00ff;”>「汗かいてるからダメ」なんていいつつも、僕のアソコをズボンの上から触り、そしてズボンを下げ、舐めてきます。

そして、シャワーを浴び、なかいき性感開発スタートです。

最終的に椿さんは、お会いしている回数も多く(4回目の性感開発)お互いに安心感もあり、またお一人で膣トレにも取り組んでいただいていた事もあり、
今回の中いき性感開発で、完全になかいきをマスターされました。

男性の最低限の前戯・セックステクニックは必要だと思いますが、
どう呼吸し、どう意識を使えばいいのか、どう力を入れればいいのか、を体で覚えられたので、今後はいつでも中イキできるレベルにまで、開発できたと思います。

このレベルまで到達できれば、イキたい時に(特に騎乗位で)いけるようになるため、男性のテクニックに頼らなくても満足できるようになり、セックスに自信がつくと思います。

中イキ性感開発を希望される女性の依頼理由に、
「一度でいいから、女性としての喜びを味わいたい」
という理由がありますが、

一度深い快感を味わったら、「またこの前みたいに気持ちよくなりたい」と思うのが、ひとの性(さが)だと思います。

ですから、なかいきを経験するだけでなく、いつでも中イキできるレベルにまでは性感開発をされた方がいいと個人的には思っています。

それは、僕でなくてもいいので、ある程度の技術と知識を待った男性と何度かセックスをして、そのレベルまで開発されてくださいね。
(もちろん、僕もエッチなので、リピート大歓迎です 笑)

騎乗位なら、自分でイキたい時に中イキできる

それをゴールにしてみてはいかがでしょうか?

中イキに必要な力の使い方のレクチャー

膣内性感帯をうまいこと刺激し続けると、中イキできますが、それだけでは軽い中イキなので快感がそれほど強くありません。
(中イキよりも、クリイキの方が気持ちいいという女性もいます)

椿さんは、初回の中イキ開発で中イキできるようになりましたがまだまだ、筋力が弱いのと、力の入れ方・抜き方をマスターしていなかったので、

今回の課題は、それらをマスターして、より深いオーガズム・中イキを体感する事でした。

さらなる快感、女性だからこそ感じられる深いオーガズムや、いきっぱなしを経験していただくために、中イキを体験するための力の入れ方、抜き方(脱力)をレクチャーします。

ゆうからひとこと
好きな時に中イキできるようになり、男性と一緒にイクことができるようになるためには、緊張(下腹部や肛門に力を入れる)と脱力(息を吐き、一気に力を緩める)をマスターされるといいと思います。
特に、深いオーガズムに入るめには必要になってきますので、必ずセックスでマスターしてください。

初回以降、時々膣トレをしていた椿さんは、力の使い方をすぐにつかむことができポルチオ性感帯にぎゅ~~とペニスを押し当てたあと、脱力を促すと、ガクガクと震えて逝けるようになりました。

いくっ、いくっ、いくっ、ダメェ、いっちゃう~~~、ハアハア

ではなく、

いくっ、いくっ、いくっ、ダメェ、いっちゃう~~~、ガクガクガク、、、、また逝っちゃう~~ガクガクガク・・・いくっ、いくっ、またいっちゃうよぉ〜〜の繰り返しです。

これは相当気持ちいいらしく、これまでのセックスでは経験したことがない快感を覚えた椿さんは、何度も何度もセックスを求めてきました。

もちろん僕も何度も求めました(笑)

正直、何回したかわからないくらい、夜も、夜中も、朝方も、朝も・・・
セックスしていました。

中イキを体験するためには・・・

中イキ未経験の女性の場合

あなたがもし、中イキ未経験ならば、

・膣トレをする
・体外式ポルチオ開発をする
・ひとりエッチの時に大陰唇マッサージをする
・ひとちエッチの時の脚ピンを減らしていく

といった自己中イキ開発を行い、

上記については下記記事を参考にされてください

そして彼氏に、

・丁寧な全身愛撫(挿入する時には、ちょっと触れられただけでもビクッとなるくらいに)
・言葉責めや興奮プレーなどで興奮を高めてもらう
・あなたは快感に集中する、恥じらいを捨てる
・手マンや挿入で執拗に膣内性感帯を刺激してもらう

が、まず必要だと思います。

中イキしそう、したことがある女性の場合

ポルチオセックスを何度もしてもらってください。

ペニスで性感帯を突くのではなく、ポルチオ性感帯にペニスを当て、子宮を揺らすような腰の動かし方をしてもらいます。

さらに、普段から(自己)体外式ポルチオ開発などをして、揺れを気持ちいいと体と脳に覚えこませることで、体の奥から襲ってくる快感を味わえるようになると思います。

このような開発が進んだ状態で中イキできると、クリイキの何倍も気持ちいい、全身で快感を感じられるようになります。

普段の体外式などの自己トレーニング次第ですが、それをしっかりとやっている女性であれば、外側から下腹部を揺らしたり、お尻を揺らしたり、体をハグしながら揺らしてあげるだけでも、逝けるようになります。

ある程度中イキ経験がある女性の場合

中イキ未経験の女性でも、行ったほうがいいと思いますが(ただし、そのメリットを感じにくかも)、逝きそうになってきた時に、脱力をします。

この感覚を掴めると、自分で逝きたい時に逝けるようになります。

・最低限の全身愛撫をしてくれる男性
・好意をもっている男性
・ペニスが硬い男性
・最低10分くらいは持つ男性

であれば、騎乗位でポルチオ性感帯に当て続けながら子宮を揺らしていれば、好きな時に何度でも逝けるようになります。
また、逝くのをあえて我慢したり、力み&脱力の力加減を工夫すれば、オーガズムの深さも自分でコントロールできるようになります。

ここに男性の言葉責めなどを加えると、キスイキ、ハグイキ、耳イキ、乳首イキ・・・どこでも逝けるようになります。

椿さんは初めてお会いした時は、乳首の感度が低くほとんど感じられない状態でしたが、今では乳首だけでも逝こうと思えば逝ける状態になりました。

感度が低いのではなく、感度があがるセックスをしてなかっただけです。
本当の意味の不感症の女性は少ないと思います。

椿さんが自由自在に中イキできるようになった方法

繰り返しこのブログではお伝えしていますが、中イキするためには
・最低限の男性のテクニック
・挿入で10分以上持つ
・性感帯にぺ●スを的確にあてられる
・フェザータッチで全身を性感帯にできる
・焦らしで女性の興奮・感度を高められる
・女性の性的興奮
・女性が性的に興奮できるよう男性がリードする
・女性自身が自分の興奮スイッチをわかっている
・女性が中イキ膣トレ、中イキ筋のトレーニングを行っている
・道具を使ったオナニーですぐに逝かない
・足ピンでしか逝けない女性は要注意!

などが必要です。

椿さんの中イキ体験の場合、(筋力が足りない事をのぞくと)足りないのは性的興奮だと感じていました。
エッチなことが好きですし(ほとんどの女性がエッチ大好きですが・・・)、エッチに積極的になれる椿さんですが、

自分が何で興奮するのかわからない

avatar

椿さん

avatar

ゆう

いろいろと試し見て、みつけていこうよ

それで、あれこれと試しながら中イキ性感開発を行っていたのですが、
椿さんの場合は、あることが性的興奮を高めるためのスイッチでした。

それがわかったので、椿さんのその興奮スイッチが入り、興奮が高まるような声掛けをしていくと、どんどん感度があがっていきました。

二日目の朝のセックスでは、

avatar

ゆう

こうやって指を愛撫すると、、、指だけでもほら、逝きそうに、、、

と性的興奮が高まった状態で声掛けをしていると、

え~~、あはは、あん、あん・・・どうして・・・

avatar

椿さん

と、指を愛撫されるだけでも逝きそうになっていました。

これは、指が敏感になっているのですが、正確には指を軽くタッチされるだけでも気持ちよくなってしまうくらいに、性的興奮が高まっているからです。
(催眠術は使っていませんが、催眠状態の時にもこのようなことが起こります)

もしも、この記事を読んで、性的興奮が足りなかったかもしれないと思われた方は、彼氏・彼女と協力しながらどうしたら性的興奮が高まり、感度があがるのかを一緒に話し合い、試しあいながらセックスをされてみてください。

そういった工夫がないままにセックス数を重ねたり、他の男性とたくさんセックスしたところで、中イキや連続オーガズムは難しいと思います。

彼氏の一言で自信を失い、セックスを楽しめなくなった女性へ

今回お伝えした椿さんの中いき体験談は、これまでそれなりのセックスをされてきた方には参考になると思います。

しかし、中逝き性感体験を希望される女性の多くは、彼氏に

「どうしていけないの?」
「逝くところ見てみたい」
「こんなに頑張っているのに逝けないなんておかしい」

などと言われた経験を持つ女性がほとんどです。

ここで一応、男性としてそのような一言を言ってしまった男性を弁護しておくと、必ずしも悪気があって言っているわけではない場合もあります。
(残念ながら、自分本位でそのような一言を言う男性もいるようですが・・・)
女性が自身の体に自信を持ちたいように、男性も自分のセックスについて自信を持ちたいと思っています(たぶん・・・)

だからこっそりネットで 【クンニ 逝かせる 方法】【セックス 中逝き 方法】【中逝きしやすい 体位】などと調べて頑張っている男性もいると思います。
その自分の頑張りの証明として、女性を中逝きさせたいと思っています。
大好きな彼女に気持ちよくなってほしいと思っています。
(実際、男性からそのような相談のメールもいただいています)

頑張っても彼女がクリいきできない、中逝きできないとなると、ついつい
「どうしていけないの?」と言ってしまうことがあります。

あまり書きすぎすと、「私の彼氏はひどい男です!」という反発もでてきそうなのでこのあたりで・・・

男性の弁護終わり

男性から残念な一言を言われた女性の反応としては・・・・

自分の体に自信を失い、迷った挙句中イキ性感体験を依頼する

というケースが一番多いです。

「彼氏が悪い」と言って依頼される女性もいらっしゃいますが、圧倒的に多いのは彼氏を責めるのではなく、逝けない自分の体をなんとかしたいという理由です。

感度があがりさえすれば、中イキできるようになるのではないか・・・

という期待をもって中イキ体験を希望されます。

今回の記事でも繰り返しお伝えしてきたように、感度をあげるだけではなくやることはたくさんありますが、まずは感度を上げること、そしてすぐに始められそうなことに絞ってオッ伝えしたいと思います。

*そのほかについては、別の記事も参考にされてください。

体、クリ、膣の感度をあげるためにはどうしたらいいか?

このことについては、別の記事でも詳しくまとめたいと思っていますが、男性の一言でセックスに自信を失った女性や数をこなしていても中イキできない女性の多くが、セックス中に、

「逝かなきゃ」と思っているようです。

彼氏に喜んでもらうためにも、自分の体に自信を持つためにも、女性としての快楽・幸せを味わうためにも、そう考えるのは当然のことだと思いますが、セックス中に、「逝かなきゃ」と思っているだけでは、絶対に、ぜ~~~たいに、中イキできません。

頑張ってわかいやすく説明しますね。

大好きな彼氏に「笑顔のない女性は嫌い」と言われたとします。そうしたらあなたはどうしますか?

大好きな彼氏に気に入られるために、「笑顔を作らなきゃ」と思うと思います。そしてどうしますか?

鏡の前で笑顔の練習をしたり、彼氏とデートしているときに笑顔を意識して、口角をあげたりしますよね。そして笑顔を作ることができ、彼氏も喜びます。

ここで考えていただきたいことは、どうして「笑顔を作らなきゃ」と思い、笑顔を作れたか?(うまくいったか)です。

答えは明らかです。

笑顔の作り方を知っていたからですよね。

つまり、「笑顔を作らなきゃ」→その方法を知っていて実践できている

ならば、笑顔を作れるわけです。

ではこの考えをもとに考えていただきたいのですが、「逝かなきゃ」と思ったら、セックス中に(理想はセックス以外にもオナニーなどでも)、逝くための方法を実践できている必要があります。

ですから、「逝かなきゃ」と思うだけではなく、セックス中に中イキするための方法、中イキするための考え方を実践していただきたいのです。

そのために、記事をまとめていますし中イキ体験談でも、繰り返し同じ情報を伝えています(ネタが尽きたと思わないでね 笑)

そして、中イキ性感開発ではただセックスをするだけではなく、オナニーの仕方、腰の動かし方、興奮を高めるキスの仕方、中イキ筋の力の入れ方、呼吸の仕方などをお伝えして、今後の彼氏とのセックスでも実践できるように、まじめに(といっても、エッチなことしたり、おっぱい揉みながら)お伝えしているのです。

中イキを体験するために今すぐできること

具体的なことを書かないと実践できないでしょうから、簡単にできることをお伝えします。

中イキするためには感度があがり、性的興奮が高まっていることが絶対条件ですが、女性すぐにできる感度の上げ方があります。

それは・・・

続く(すいません、焦らしています)


椿さんが特に好きだといっていた(奥の気持ちいいところにずっとあたっている)松葉崩しという体位です。
股関節が硬い男性でも、ポルチオ性感帯を刺激しやすく(ペ●スが硬いことは絶対条件ですが)奥に当て続けられます。
この体位では、小さめのピストンをするか、グイっと押し当ててゆるめるという刺激の仕方の方が、ポルチオ性感帯を開発しやすく、連続オーガズムに導きやすくなります。

椿さんの中イキ性感体験談のまとめ

椿さんとは今回が4回目で、初回以降LINEでのやりとりを重ねていたこともあり、
信頼関係はできていたと思います。

そこに、

・これまでの中イキ性感開発でポルチオ開発をし続けた
・特に3回目、4回目の性感開発ではポルチオを揺らす開発をメインにした
・対外式ポルチオ開発や膣トレをし続けてもらった

というプラス要素が加わり、
そして4回目で、椿さんの興奮を高める方法がうまくヒットした結果、

正常位、バック、松葉崩し、ロールスロイスといった体位で中イキできるようになり、さらに興奮が高まってくると、数秒に一回の割合で中イキできるようになりました。

また、緊張と脱力をカラダで覚えることができたため、騎乗位になり腰を動かし、一番気持ちいい場所、ポルチオイキしやすい場所に自分で当てられるようになり、

逝きたい時に騎乗位で中イキできるようになりました。

僕はただ寝そべっているだけでいいのですが(笑)、逝った瞬間脱力して後ろに倒れそうになるため、支える必要があります。
また、不意に下から腰を動かしてポルチオ刺激をすると、自分で当てるのとはポルチオ性感帯に当たる角度も、圧迫度合いも違うため、それはまたそれで気持ちいいし、興奮できるようです。

お会いするまでにお時間いただくとは思いますが、(信頼関係が構築できていない女性とのセックスでは、うまくいったとしても、浅い中イキしか体験していただけないからです。)
深い中イキ、ポルチオイキ、連続オーガズムを体験したい方は、まずは、お問い合わせください

ゆう

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。

『愛される女性になるための中イキセラピー』さんでも記事を書いています。
 ⇒中イキセラピー