男性経験が少ない女性でも短期間で中イキできる中イキ開発体験ブログ

menu

「中でいく!」中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡

ここ最近の中イキ性感開発の体験まとめ

『性感開発によるオーガズム体験 名古屋』のゆうです。
⇒Twitterはこちら

めいさん(21歳)パート


お土産にプリッツではなく、じゃがりこを持って他県からやってきてくれためいさん(新規の女性)

本人希望によりあまり詳しいことは書けませんが、

オナニーでもセックスでもあまり気持ちいいと感じたことがなく、声も出ないとのことでしたが、オイルマッサージや超快感マッサージが効いたのか、

途中からスイッチが入ったように大きな声をあげて感じだし、何度かクンニで逝っていただきました。


じゃがりこの拡大写真。

めいさんがシャワーを浴びている間にパクパクと食べてしまいました。

体験を終えたあと、シャワーから出てくるとガウンがたたんでありました。

30代OL まいさんの中イキ性感開発


遠方から来ていただいたまいさん(新規)。

まいさんも体験談掲載不可のため詳細を書くことができません。
時間が限られていたので、中イキ性感開発というよりはまいさんの逝き方チェックや全身の感度チェック、ポルチオ開発をどう行うかなどを指導させていただきました。

正直、あまり気持ちいい体験をしていただけたと思っていないのですが、ご本人は
・ポルチオ開発の方法
・膣奥のどこが気持ちいい場所なのか?
・自身の性感帯

などを知れて満足していただけたようです。

名古屋駅近くに美味しいお店があるらしく、お互いの予定が合えば、食事に行く約束をしています。
その際、その後のセックスで変化があったかなどお聞きしたいと思っています。

東海地方の方で、中イキ性感開発を受けたい人はこちら ←
中イキについて相談可能日を確認したい人はこちら ←

ポルチオ性感帯の開発方法について

非常に残念な話ですが、ポルチオ開発をするといって女性と会っている男性の中には、ポルチオ開発についての正しい知識がなく、ただセックスをして自分が射精をし満足している人もいるようです。

僕がポルチオ開発について直接指導を受けたのは、トーリー佐藤さんという方ですが、
トーリー式ポルチオ開発法

このトーリーさんの書籍の内容を丸パクリしてサイトに掲載している男性もいました。

ポルチオ開発をしている男性、そしてポルチオ開発されたい女性はぜひこの書籍を読んでください。

特にあなたが女性ならば、書籍を読み、この書籍に書いてある内容とほぼ同じようなことしかブログやTwitterに書いていない男性は、信用しない方がいいと思います。

このようなことは書かないでおこうと思っていましたが、辛い思いをした女性の話を何度か聞いていると、お伝えした方がいいと思い、書くことにしました。

僕に対しても、ブログに嘘は書いていませんがブログの内容だけで「安心できそうな人だ」と判断しないでください。

何度かやりとりをし、あなたのお悩みに対してどのように接するか?
時には通話をして、ちゃんとあなたの悩みや希望を受け止めてくれる人なのかを納得いくまで確認してから、中イキ性感体験を申し込まれてください。

ピストン刺激と膣奥刺激の使い分けについて

セックスに正解はありませんが、僕のポルチオ開発の師匠はトーリー佐藤さんで、ポルチオ開発について唯一まともなDVD教材の監修をされている人なので、トーリー佐藤さんから指導を受けたこと、そしてその後女性とお会いする中で経験してきたことを踏まえて、僕なりの解説をしたいと思います。

ポルチオ開発のメリット

愛し合う夫婦や恋人同士であれば、セックスで幸せ感や大切にされている感(オキシトシンというホルモンの効果)を感じられるようになっていただきたいと思います。

中イキできなくても幸せ感を感じられれば満足できると思うからです。

しかし、女性に生まれた以上は一度はポルチオ逝きやポルチオ性感帯を開発され、そこを刺激される気持ちよさも味わっていただきたいとも思っています。

そしてポルチオ開発された後、ポルチオ逝きを楽しむかどうかを選択すればいいと思います。

強く相手を感じ、抱きしめあい、何度もキスを重ねるようなそしてイクことを目的としないセックスをする時もあれば、クリイキやGスポット逝きだけでなく、ポルチオ逝きでおかしくなるような快感を感じ続けるセックスをする時もあってもいいと思います。

選択肢が多いほうがセックスを楽しめると思います。

もしもポルチオ開発やポルチオイキの経験がないのであれば、そこは彼氏や旦那様と協力して目指してください。
勇気が必要かもしれませんが、パートーなー男性と一緒に、このブログをお読みいただき、お伝えしていることを実践していただければ、ポルチオイキは可能になると思います。

そしてポルチオイキや連続オーガズムを感じられるセックスができる二人になり、満たされたセックスを目指していただきたいと思います。

ポルチオセックスの方法

方法はいろいろとあると思いますが、これからお伝えすることが唯一の正解ではないと思っています。

ただ、前述したように、「ポルチオ開発をします!」と言いながら、ただピストンをしたり奥を突くだけのセックスをしている性感開発師さんもいらっしゃるようです。

正直、多少は開発されるかもしれませんが、それではポルチオイキの本当の快感を味わえないと思います。

ポルチオイキ・・・

子宮が揺さぶられることで、体の奥から快感の波が何度も訪れます。

そして、揺さぶりがカラダに残っているからなのか、逝った後もしばらくは余韻で快感やオーガズム感が持続します。
女性によっては「ずっと逝きっぱなしになっている感じ」と表現することもあります。

このような快感を目指すためには、ポルチオ性感帯にペニスを押し当て続けながら、子宮を揺らすような腰の動きをする必要があります。

正常位でも、屈曲位でも、バックでも、寝バックでも・・・

子宮を揺らすような腰の動きをします。

はっきりいって、地味な動きです(笑)

「ポルチオセックスしている時の動画を撮影して、腰の動きを見せて欲しい」と頼まれたこともありますが、恥ずかしくて見せられません!

子宮をペニスで揺らすためには、子宮の上か下にペニスをぐぃっと挿入し、そこに当てたままピストンではなく上下運動をします。

おそらく、お読みいただいているあなたの頭に「?」が浮かんでいるかもしれませんが、いつか動画を載せたいと思いますので、その時までは、パートナーさんと試行錯誤されてくださいね。

 

ピストン運動のメリット

初回の女性やポルチオ開発をされたことがない女性の場合は、中イキ性感開発を希望されている場合は、上に書いたような腰の動きで子宮を揺らすセックスをメインに行いますが、

ポルチオイキした後や、膣感度が高い場合はピストン運動も行います。

女性によっては、ピストンは激しく責められている感覚で興奮することがあるからです。

また、膣感度があがった膣は、ピストン運動の方がGスポットや膣括約筋のような性感帯を刺激しやすいからです。

このように、

膣感度があがっていない場合や、子宮が揺らされることを気持ちいいと思える体にするためには、ポルチオ揺らしをし

膣感度が高い場合、あるいはポルチオイキ済みの場合は、興奮度アップやポルチオ以外の性感帯刺激のために、ピストンセックスをするようにしています。

みおさん(30代女性)の中イキ体験

リピート女性です。

定番のプリッツを持参してくれたのに、写真撮影を忘れました。

みおさんは本当はとてもエッチなのに、男性に「こんなセックスがしたい」「こんなことしてみたい」と言えませんでした。

しかし、「ゆうさんのおちん●ん舐めたい」「ゆうさんのおち●ちん好き」と言えるようになり(僕が言わせてる?)、みおさんが満足するまで逝きまくり、みおさんが望むセックスをできる限り楽しんでもらいました。

中イキ性感開発をする時は、フェラチオ講習を希望されたら少し舐めていただくことはありますが、基本フェラなしです。

しかし、みおさんが舐めたいと言ってくれたので、舐めてもらいましたが舌遣いがとても柔らかく、舌を使いながらも、僕の性感帯をフェザータッチで責めてくれるので、とても気持ちよかったです。

優しく丁寧かつエッチなフェザータッチをされると、大切にされている感や安心感を感じられることを身をもって知りました(笑)

女性が男性の全身をフェザータッチで責めると「そんなことどこで覚えたの?」と言われる可能性があり、するのに勇気がいるかもしれませんが、フェラをしながらお尻や太もものおもて、裏側、太ももの付け根、たまなどをさわさわとフェザータッチするくらいなら、怪しまれないと思います。

これはおすすめです。

フェラしながら興奮し、ビショビショに濡れてしまったみおさん。

お礼に、みおさんが好きな正常位や寝バック、バック、吊り橋などでずっと奥を責め続け、中イキや連続オーガズムを満足いくまで楽しんでいただきました。

ゆう

東海地方の方で、中イキ性感開発を受けたい人はこちら ←
中イキについて相談可能日を確認したい人はこちら ←

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中イキ開発風景


↑性感開発を受けて膣や子宮の感度があがった女性は、このようにカラダの外から子宮を揺らしても、快感がおそってきて逝ってしまいます。
感度があがっていれば、快感の波が襲ってくるたびに何度でも逝けるようになります。

↑こちらも体の外から子宮を揺らしています。開発が進むと、このように感度が上がるため揺らされれば逝けるようになります。

↑この女性は腕を拘束することで興奮が増して、何度も中イキできる状態になりました。

感度が上がっているので、男性がポルチオを揺らすたびに中イキしてしまいます。
*音声のみです

中イキするためには、このように前戯の段階で全身の感度が上がっている必要があります。

逝った後はからだ中が敏感になり、軽く撫でるだけでビクビクと感じてしまいます。

中イキ開発を受けてポルチオ感度があがると、お尻側を揺らすだけでもオーガズムを迎えることができるようになります。

⏩手マン動画
↑中イキ脳開発をしてさらに膣感度を上げてから手マンすれば、指を挿入して膣壁を押さえるだけで(指を動かさなくても)、女性は悶え続けます。これくらい膣感度をあげることで、中イキしやすくなります。

⏩挿入で(ピストンはしていません)女性が逝きたい時に逝っている動画
↑性感開発ではこのように、男性のテクニックに頼ることなく、自分で逝けるようになることをゴールにして中イキ開発をしています。

中イキ性感開発の詳細はこちら

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。