男性経験が少ない女性でも短期間で中イキできる中イキ開発体験ブログ

menu

「中でいく!」中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡

中いき性感開発を受けるにあたって、約束していただきたいこと

2020年7月3日更新

中いき性感開発を体験するにあたって、約束していただきたいことをまとめました。

勇気をもって連絡されたのですから、体験終了後に
「申し込みしてよかった」「開発受けて変化あった」「中イキできそうになった」「彼とのエッチでも中イキできそう」

と思いたいですよね?(僕はそう思っていただきたいです)

そのためには僕の努力も必要ですが、あなたにもお願いしたいことがあります。
当日までに、下記内容を何度かお読みください。

中イキを体験することや、感度を上げることでどうなりたいのかを考えておく

気持ちいいことをしたい、もっと気持ちよくなりたい。
これは男性も女性も本音では思っていることだと思います(子孫を繁栄するための本能ですからね)。
ただし、もう一歩踏み込んで考えてみてください。

感度があがって逝きやすいからだになった場合、あなたにとってどのようなメリットがありますか?

ある人は、彼氏とのエッチをもっと楽しみたいと言っていました。あなたの感度があがっていつもより感じてくれれば、彼氏も喜びますよね。慣れてくると彼と一緒に逝けるようにもなります。
ある人は、「中イキを諦めていたけれどやっぱり諦められない」「一度でいいから中イキを体験したい」そして「女性としての幸せを味わってみたい」と言っていました。
年齢を重ねて相手にしてくれる男性が減ってくる前に、女性としての至上の快感を得られるようになりたいそうです。
ある人はエッチなことや気持ちいいことが好きなので、「もっと気持ちよくなりたい」と言っていました。

どうなりたいかは人それぞれだと思いますが、一度考えてみることで、性感開発を受けたあともひとりエッチで自己開発したりして継続できるようになります。

普段のオナニーやセックスで意識的に中イキ性感開発を行っていれば(膣を締める、体外式ぽるちおマッサージをする・してもらうなど)必ず中イキできるようになります。

そして、とても大事なことなのですが彼氏やセフレへの不満を解消するためだけに、開発を申し込むことは避けてください。

依頼女性の半分以上が彼氏のセックスに不満をもっていますし、不完全燃焼のセックスにモヤモヤしています。そういった不満や不安を話すことで楽になるなら、どれだけでもお聞きしますし否定もしません。

ただ、「相手(男性)ばかり気持ちよくなってるから、私も気持ちよくなりたい」という気持ちではなく、相手(彼氏や旦那)がどうであっても、あなた自身の体の事を知り、あなた自身が気持ちよくなれる体になりたいという気持ちは持ち続けてください。
そしてセックスや自身の体に自信をもち、笑顔になってください。

怒りのエネルギーはきかっけとしては動機付けになりますが、それだけでは、体験でどれだけ気持ちよくなれても、日常に戻れば、また普段のセックスで不満がたまるだけです。

そうではなくて、中いきできる体になること、自分のカラダ(感度)に自信を持つこと。
そのことに意識を向けていただきたいです。

中イキを誓う

「必ず中イキできるからだになるんだ!」と心に誓う。
なんか、イケイケ企業みたいなことをお伝えしていますが、ちゃんと宣言することで気持ちがそちらに向かいます。
といっても、当日は力む必要はありません。一度心に誓ったら、あとはリラックスしていれば大丈夫です。
これまで膣トレなどをして自己開発してきたけれど中イキできていない人は「無理かも・・・」と諦めているかもしれませんが、諦めないでください。

中イキ性感開発の時にいつもお伝えしていますが、ほんの少しでも変化があれば一歩前進です。
そして、できるようになったことに目を向けることで、自分のカラダを信じられるようになっていきます。

「中イキできないかも」ではなく、「少しずつだけど中イキに近づいている」という自己信頼ができている人の方が中イキしやすいです。ほんの少しで大丈夫ですので前向きな気持ちを持ち続けてください。

いっぽう、、、

中イキできるカラダになりたいという気持ちはとても大切ですが、そこに固執するあまりセックスを楽しめない人が多くいます。
ですから、一度宣言したら忘れて、当日は快感に没頭してください。

当日、特に初回から2回目くらいまでの性感開発では緊張するでしょうし、中イキへの期待が大きすぎるため、それらが中イキを邪魔してしまいます。

できれば、初回から2回目までの中イキ性感開発では「いつか中イキできるようになれる!」と自分のことを信じながらも、「でも、2回目までは中イキしないでおく、まずはエッチをもっと楽しむことで感度をあげる!」くらいの気持ちが理想です。

中イキできる子はある瞬間、突然できるようになります。

その時のことを聞くと、「中イキするかも!!」と思っていた時(期待が大きい時)よりも、
「少しずつ中の感度が上がってきたし、そのうちできるからいいや、今はこの快感を楽しもう」と思った時(ある意味開き直った時)に、リラックスができ、逝けるようになったと言っていました。

中イキ性感開発師任せにしない。

性感開発でも女性用風俗でも同じですが、男性にすべてを任せないようにしてください。

セックスはふたりで楽しむものですし、中イキは男性のテクニックだけではうまくいきません。

もしも、「ゆうさんに任せれば気持ちよくしてもらえるだろう、中イキさせてもらえるだろう」と、完全に男性に任せるつもりでしたら、申し込みのキャンセルをお願いします。

恥ずかしいかもしれませんが、声を我慢しないでいつもよりも喘いでみる(演技ではなくて)、恥ずかしい言葉を口にだしてみる。
「こんな風にしてほしい」と欲求を正直に言ってみる。

気持ちよくなってきたら、男性に強く抱き着いて感じていることをカラダで表現したり、腰を動かしてアソコを男性に密着させるなどして、あなた自らも興奮していることを態度で示し、自分で自分の気持ちを盛り上げていく・・・

このような、あなたの努力・頑張りも当然必要です。

恥ずかしくても僕は彼氏ではないですから、本当の自分を解放するチャンスだと思ってください。
そして、本当の自分の気持ちやエッチな自分を出して、自分を隠すことなくリラックスできた時、中イキに至ることができます。

どれだけ乱れてもどれだけエッチになっても、そんなあなたの事を受け止めますから、安心してください。
乱れている女性、喘いでいる女性は最高に可愛いですよ。

また、連絡いただいてすぐにお会いするわけではないため、時間の余裕があります。その間に必ず膣トレや体外式ポルチオマッサージを行なって下さい。

僕の性感開発では「中イキさせられる」はなく、「自分で逝ける」をゴールにしています。

そのためには、中イキしやすい力の入れ方などをカラダに覚えさせる必要があります。力の入れ方が上手な人であれば、1回目の性感開発でも中イキできる可能性が高いです。自己開発のやり方が分からない・合っているか自信がない場合は、必ずご質問下さい。

もしもお会いするまでに中イキトレーニング(自己開発)をされていない場合は、開発の効果が低いのでキャンセルをお願いします。

また、お会いするまでにほとんど報告がない人はこちらからキャンセルさせていただきます。

というのは、やりとりをすることで信頼関係が生まれていきます。
その信頼関係がないと、中イキが難しいからです。

「厳しい人なのかな」と思われるかもしれませんが、あなたが楽しく自己開発をされれば、あなたのセックスライフはよりよいものになります。

あなたの今後の人生ために、厳しい事をお伝えしています。(←かっこいいこと言ったと思っています)

そして、
中イキだけでなく、連続オーガズムやいきっぱなしを体験したいのならなおさら、男性の努力ではなく女性の努力も必要です。

といっても苦しい努力ではなく、気持ちいいことをしながら二人で協力してセックスをよいものにしていってください。

どこを愛撫されているのかを意識する

お会いする目的は気持ちいいセックスをするだけでなく、あなたの性感を開発することです。
*特にポルチオ性感帯を開発します

性感開発というとピンとこないかもしれませんね。
簡単に言うと、感じやすい体、中いきしやすい体に変えるための行為が性感開発です。

性感開発するときに、感度があがりやすくなるコツがあります。
それをちゃんとやっているだけでも、感度が間違いなくあがります。

何をするかというと、愛撫されている時に、「今、Gスポットを触られているんだ。Gスポット気持ちいい」と、触れられているところ・刺激されているところを意識することです。

少し専門的になりますが、意識することであなたの脳が、

今触れられているところ=敏感な性感帯

ということを覚えていきます。
そして次に同じ場所を刺激された時にも感じられるようになります。

セックス中に会話をされると集中できない人もいますが、僕が行う性感開発では、

「今、Gスポットを刺激してますよ」
「ここ、ポルチオですよ。こうして揺らされると気持ちいいですよね?」

など、会話(言葉責め)しながら行うことが多いです。

その時、「Gスポット気持ちいい」と思うだけでもいいですが、できれば、声に出して言うようにしてください。

そうすることで、あなたの脳を自ら教育していくのです。

自ら気持ちよさに没頭する

少し難しいかもしれませんが、気持ちよくなってきたらその気持ちよさに自らはまっていってください。
性感開発中やセックス中にあれこれ考える人がいますが、できる限り、気持ちよさに浸るようにしてください。

そのためには、携帯を切るなどが必要かもしれません。

簡単にできることとしては「気持ちよさを思いっきり味わおう!楽しもう!」と心の中で宣言することです。

楽しむことは、めちゃくちゃ大事です。事前のやりとりやこのサイトを読むと、厳しさを感じられることがあるかもしれませんが、当日はセックス以外のトークでも、とにかく楽しんでいただきます。どうぞ、つまらないおやじギャグがでてしまった時には、作り笑顔で受け止めてあげてくださいませ。

性感は徐々に開発されるものであることを理解する(焦らない)

上手な人とエッチをすればその日のうちに中イキできると思っているかもしれませんが、そんなことはありません。
普段から膣トレや膣オナニーをしている人の中には、当日中イキできる人もいますが、多くはありません。

もしも、その日のうちに中イキをしたいと強く思われるのでしたら、「必ず最初から中イキさせます」と言っている人に頼んでください。

1回目の性感開発は、あなたの性感帯の把握(僕もあなたも)をする必要があります。
Gスポットひとつとっても、場所に個人差がありますし、どのような刺激の仕方で気持ちよくなれるかも、個人差が大きいです。
それを把握しないことには次にすすめません。

また、ポルチオ性感帯の開発やポルチオセックス(子宮を揺らすセックス)も体験していただきますが、ほとんどの人にとって子宮を揺らされるセックスは、はじめての体験になると思います。

その感覚を体で覚えていただき、彼氏とのセックス中の騎乗位でポルチオ開発できるような腰の動かし方をしてください。
コツを掴めば、セックスするたびにポルチオ開発ができるようになります。

*騎乗位でのポルチオ開発方法を指導すると、女性からかなり喜ばれます。

気持ちいい体験をしながらポルチオも開発していく。
そんな騎乗位ができてない人があまりにも多いです。
でも安心したください。

あなたが快感に没頭して性感開発を受けられれば、どんな角度でどう動けばポルチオ開発も同時にできるのか?
当日にほとんどの人が分かるようになります。

そして、2回目(かなりリラックスしてのぞめると思います)で、前回の内容を踏まえてリピート性感開発を行います。

1回目で性感帯の把握ができているので、スムーズに性感開発ができます。

1回目と2回目の間で、あなたも膣トレや脚ピン以外で逝くオナニーなどを練習してください。
この1回目と2回目の間であなたがどれだけ前向きに自己開発するかも性感開発で大切なポイントです。

これまでずっと中イキできずに悩んできたのに、初回で中イキできる女性も確かにいます。
でも、多くの場合は、3回目か4回目お会いしてお互いに慣れてきて、心からリラックスしてエッチを楽しめるようになった時に中イキできる女性が多いです。

体外式ポルチオマッサージも進めています。←当日も指導しますが、めちゃ重要です。
簡単にできるしポルチオ(膣奥)の感度が上がりますから、やればやるほどセックスが楽しく・気持ちよくなります。

その先は、性感開発というよりはこれまでの内容を踏まえてセックスをします。

SMの性癖がある人であれば、ソフトSMなどを行いながら、あなたの興奮度を高めて行うようにしています

当日とにかく、楽しむ

性感開発の依頼メールを送る時も、前日も相当な勇気が必要だったかもしれませんし、すごく緊張するかもしれません。

また、本当に大丈夫だろうか?本当にこんなことしていいのだろうか?彼氏や旦那さんに悪いのではないか?といった葛藤も起こると思います。

それらの感情は誰でも起こりますし、みなさんそのような感情を持ちながらも当日を迎え、性感開発を受けられます。

葛藤や悩みをゼロにすることはできないと思います。
そういった感情をもっている自分がいることもわかった上で、当日は楽しんでください。
楽しむ気持ちを少しずつ増やしてください。

ラブホではしゃいでみる、普段友だちには言えない性の悩みを僕に告白し、すっきりするといったことでも構いません。
カウンセリングもしてますから、全部否定せずに受け止めます。

楽しむためにできることを増やすことが大切です。

以上、よろしくお願いします。

ゆう

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中イキ開発風景


↑性感開発を受けて膣や子宮の感度があがった女性は、このようにカラダの外から子宮を揺らしても、快感がおそってきて逝ってしまいます。
感度があがっていれば、快感の波が襲ってくるたびに何度でも逝けるようになります。

↑こちらも体の外から子宮を揺らしています。開発が進むと、このように感度が上がるため揺らされれば逝けるようになります。

↑この女性は腕を拘束することで興奮が増して、何度も中イキできる状態になりました。

感度が上がっているので、男性がポルチオを揺らすたびに中イキしてしまいます。
*音声のみです

中イキするためには、このように前戯の段階で全身の感度が上がっている必要があります。

逝った後はからだ中が敏感になり、軽く撫でるだけでビクビクと感じてしまいます。

中イキ開発を受けてポルチオ感度があがると、お尻側を揺らすだけでもオーガズムを迎えることができるようになります。

⏩手マン動画
↑中イキ脳開発をしてさらに膣感度を上げてから手マンすれば、指を挿入して膣壁を押さえるだけで(指を動かさなくても)、女性は悶え続けます。これくらい膣感度をあげることで、中イキしやすくなります。

⏩挿入で(ピストンはしていません)女性が逝きたい時に逝っている動画
↑性感開発ではこのように、男性のテクニックに頼ることなく、自分で逝けるようになることをゴールにして中イキ開発をしています。

中イキ性感開発の詳細はこちら

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。