男性経験が少ない女性でも短期間で中イキできる中イキ開発体験ブログ

menu

「中でいく!」中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡

中イキ体験談:オナニーでも中イキずエッチを楽しめていなかった真琴さん24歳

中イキ性感開発体験ブログのゆうです。
ずいぶん前になりますが、ひとりエッチでも彼とのエッチでも中イキしたことがなくて悩んでいるという真琴さんの中イキ性感開発をさせていただきました。

真琴さんのエッチの悩み

・ひとりエッチでも中イキしたことがない
・エッチで中イキしたことがない
・ポルチオセックスを試してみたもののよくわからない
・彼とは週一回エッチをしているが、興奮した時だけ「気持ちいいかな」程度
・彼の前戯が短く、興奮していないのに挿入している
・自己開発をしたいけど、やり方が間違っているかもしれないので不安

なんと!!
足ピンオナニーをしていたそうなのですが、ブログを読んで克服したそうです!
素晴らしいですね!!

女性がどれだけ自己開発を頑張っても、彼の前戯が短いとか彼が自分勝手だと興奮が足りないため、中イキが難しいことがあります。
(ただし、中イキのコツがわかると、彼のテクニックに関係なく中イキしやすくなります)

とはいえ、前向きに自己開発をするその姿勢がとても大切です。

「私が中イキできないのは、彼のせい!」と思うのではなくて、「自分ができることは取り組もう」という人の方が中イキしやすいです。
というのは、中イキにはメンタル要素がとてもとても必要なので、エッチに対する前向きさも中イキしやすさに強く影響を与えるからです。

真琴さんの中イキ性感開発スタート

まずはじっくりと中イキ性感開発の流れや、中イキするために必要な心構え、カラダや意識の使い方についてレクチャーをします。

この時は真面目に聞いてくれて目があったのですが、開発がはじまると照れているのか緊張されているのか、目を合わせようとしない真琴さん。
最初のトークで十分にリラックスしていただけたかなーと思いましたが、そりゃ緊張しますよね。

さて・・・・
具体的な開発内容を書きたいのですが、随分前のことのため、ほとんど覚えていません。
(真琴さん、ごめんなさい!)

ただ、最初は緊張していましたがだんだん慣れてきて、また気持ちよくなってきて、途中から大胆になり、要求も増えてきたことははっきりと覚えています(笑)

騎乗位はコツを掴んだのか、ずっと気持ちよさそうに腰を振っていてとても美しかったです。

真琴さんの中イキ性感開発の感想



1回目の性感開発では真琴さんがはっきりと自覚する中イキはできませんでした。
(初回で中イキできる人は2~3割ぐらいで、3回目、4回目くらいで中イキできる人が多いです。)

ただ、自信がついたと言っていただけたのと、翌日、「もしかしたら軽く中イキできていたかも」と報告をいただけたので、少しはお役に立てたかなと思っています。

余談ですが・・・
コロナの影響で、ラブホの入り口にもアルコール消毒が置いてあります。

真琴さんとチェックインし、「部屋に行きましょうか!」と言い、アルコール消毒をしたつもりだったのですが・・・
なんかベタベタする・・・・
全然乾かない・・・
いい香り・・・・

どうやら置いてあったシャンプーボトルを勢いよく手のひらにプッシュしたようでした。

その後の感想・・・
エッチに対して前向きになれたようですし、騎乗位の気持ちよさもわかってきたそうです。

その後、リピート中イキ開発のご依頼をいただいておりましたが、愛知県に緊急非常事態宣言が出され、また僕の仕事が忙しく、お会いできておりません。

ゆう

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中イキ開発風景


↑性感開発を受けて膣や子宮の感度があがった女性は、このようにカラダの外から子宮を揺らしても、快感がおそってきて逝ってしまいます。
感度があがっていれば、快感の波が襲ってくるたびに何度でも逝けるようになります。

↑こちらも体の外から子宮を揺らしています。開発が進むと、このように感度が上がるため揺らされれば逝けるようになります。

↑この女性は腕を拘束することで興奮が増して、何度も中イキできる状態になりました。

感度が上がっているので、男性がポルチオを揺らすたびに中イキしてしまいます。
*音声のみです

中イキするためには、このように前戯の段階で全身の感度が上がっている必要があります。

逝った後はからだ中が敏感になり、軽く撫でるだけでビクビクと感じてしまいます。

中イキ開発を受けてポルチオ感度があがると、お尻側を揺らすだけでもオーガズムを迎えることができるようになります。

⏩手マン動画
↑中イキ脳開発をしてさらに膣感度を上げてから手マンすれば、指を挿入して膣壁を押さえるだけで(指を動かさなくても)、女性は悶え続けます。これくらい膣感度をあげることで、中イキしやすくなります。

⏩挿入で(ピストンはしていません)女性が逝きたい時に逝っている動画
↑性感開発ではこのように、男性のテクニックに頼ることなく、自分で逝けるようになることをゴールにして中イキ開発をしています。

中イキ性感開発の詳細はこちら

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。