男性経験が少ない女性でも短期間で中イキできる中イキ開発体験ブログ

menu

「中でいく!」中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡

ポルチオ開発の探求(中でいけない人へ)

『中でいく! 中イキ性感開発体験ブログ名古屋・静岡』のゆうです。

この記事は2020年9月21日に書きました。

次回(2020年10月)の相談可能日は10月3日スタートを予定しております。⇒Twitterで相談予定日を確認する
予定人数になり次第、相談を締め切らせていただきますのであらかじめご了承ください。

世間は4連休の3日目
仕事があるため1日だけゆっくりと休み、本日は仕事をし、疲れたので休憩中にこうしてエッチなブログを書いております。

今月(2020年9月)は3名のリピート女性の性感開発をさせていただき、あとは新規の女性1名、リピートの女性1名とお会いすることになっております。
リピート女性中心のため、新規の方には場合によっては数か月お待ちいただくこともあり、大変申し訳なく思っております。

さて・・・・

どうしたら中で逝けますか?

まず、大前提として中イキできないのは相手(彼氏、旦那)のせいだと思っていたら、その考えを改める必要があります。

もちろん、

・自分が射精することだけしか考えていない
・前戯が短い
・女性を大切に扱わない
・極度の早漏しかも、一度射精すると立たなくなる

といった男性は論外ですが、

とろけるようなキスから始まり、丁寧に前戯を行い、女性の反応を見ながらクンニをし、女性の反応を見ながら挿入し、女性の反応を見ながらゆっくりと腰を動かすセックス
を男性が行っているにも関わらず、中イキできないとしたら、女性側のテクニックも必要になってくるかもしれません。

もしもあなたが、挿入されている時に男性任せにして快感に浸っているだけならば、中イキできるようになるまでに時間がかかってしまうと思います。

これは想像でお伝えしているわけではなく、
これまで何十人もの女性の中イキ性感開発を何年もしてきて、中イキできた女性を観察したり、本人から聞いた話(自己開発やエッチ中にやっていることなど)をもとにお伝えしています。

また、ネットに転がっている情報も勉強しているのですが、ほとんどの情報は誰かが書いた記事の真似やアダルトグッズを販売することを目的とした記事のため、あまり参考になりません。

例えば、上記のtweetはポルチオ開発を指導してくださったトーリー佐藤さんのものですが、何百人という女性の中イキ性感開発をしてきただけあって、「なるほど、確かにそうだよな」と思うことばかりです。

トーリー佐藤さんが推奨するポルチオセックス、ポルチオ開発を行えば、ネットに転がっている情報の中イキとは違い、かなり深いオーガズムに達することができます。そして、慣れてくると連続イキしたり、挿入中ずっと逝きっぱなしになることが可能です。

トーリー佐藤氏が指導しているポルチオセックス、ポルチオ開発とは?
前戯やクンニで十分に興奮してくると、女性の子宮に血液が充血し子宮がコリコリと固くなります。
膣内に飛び出した固くなった子宮の上や下にペニスを当て、(ピストンではなく)、子宮を揺らすような動きをするセックスのことです。開発されてくると、ピストンセックスでは経験できないような快感がおそってくるようになります。
ポルチオ開発が未熟だとあまり気持ちよくありませんが、開発が進んでくるとクリイキの何倍ともいわれるような快感を感じられるようになります。

中イキ性感開発を依頼いただいた女性には、このポルチオ開発をメインとしているのですが、ポルチオを揺らすだけで中イキできるかと言えば、そうではありません。

子宮を揺らすのは主に男性のテクニックになりますが(騎乗位になれば、女性が自ら子宮を揺らせるようになります)、その時に、女性も積極的になることで、中イキしやすくなります。

例えば、
初回で中イキできるようになった女性、数回の中イキ性感開発で中イキできるようになった女性を観察していると、エッチなことが好きで自ら「こうして欲しい」「もっと〇〇して」と積極的なのはもちろんですが、

それだけでなく、とにかく筋肉の使い方がうまいです。中イキに必要な力の使い方がうまいのです。

正常位でも騎乗位でも、いろんな体位で中イキできる女性は無意識に力の使い方をコントロールし、快感を高めて中イキしています。

それだけでなく、中イキしやすい女性やオーガズムが深い女性は、エッチ中にいろんなところに力が入っています。
例えば、男性を強くハグして力を入れたり、手を握っている時にかなり強く握ったり、脚を強く絡めてきたりしています。

ある意味、筋トレです(笑)

深いオーガズムを迎ええることができる女性は、何度も逝っているからだけではなく、全身のあらゆる筋肉を使ってエッチをしているので、終わった後にくたくたになります。深い中イキができている女性は、例外なく翌日「筋肉痛になった」といいます。

快感に身を任せられると、自然に力が入る
これは科学的にも理にかなっています。
というのは、私たちは手をぎゅっと強く握るとアドレナリンという血圧をあげる物質がでることがわかっています。

血圧があがれば、血流がよくなりますので、体が温まり感度もあがります。

もしもあなたが、中イキできない、エッチが終わった後にここちよい疲労感が少ないのであれば、

・前戯や挿入中に気持ちよくなってきたら男性を強くハグし続ける
・正常位で男性に脚を絡め、脚全体に力を入れてよりアソコを密着させる
・上記をしながら自ら腰を動かす
・クンニされながら男性の手を強く握る
・騎乗位で前後に腰を動かして子宮を揺らす時、下腹部にも力を入れる

などといったことをしてみてください。

これだけで、今まで中イキできなかった女性がすぐに中イキできるとは限りませんが、終わった後に心地よい疲労感が起きているようであれば、中イキに近づいていると考えて間違いないと思います。


こちらの女性も、中イキしたいと思っていたものの少し諦めかけていました。

しかし、力の入れ方のコツを掴んだことでエッチの気持ちよさを新たに発見し、中イキに少し近づけたかもという自信をつけられました。

僕も力が入りやすいように手伝いましたが、力の入れ方のコツを掴んだのはこの女性の探求心があったからだと思います。

中イキ性感開発をしている以上、お会いした女性、相談いただいた女性のお役にたてるように中イキについて探求はしていきますが、

この女性のように、ただ受け身のセックスをするのではなく、「ここに力を入れたらどうなるかな?」「騎乗位でこの動き、この体勢でしたらどうなるかな?」「もっとここに力を入れたらどうなるかな?」と、

ご自身のカラダについて、中イキについて探求されるのがいいと思います。

性感開発の時に、うまくできていることがあればできる限り褒めるようにしていますが、あなたが自分で何かを掴んだ方が、満足度が大きいと思いますし、

「私のカラダは開発すればまだまだ感度があがる」

「少しずつ中イキに近づいているかも」

と自信がつきやすいと思います。

経験上、自信がつき、自分のカラダを信頼している女性や明るくて前向きな女性、いろんなことを楽しめる女性の方が中イキしやすいと思っております。

楽しく、頑張ってください!

ゆう

 

さあ、仕事しよ~

追伸
今回は力の入れ方について書きました。
力の入れ方は、男性が外から見ていればわかるので観察しやすいです。

しかし、中イキする時(中イキに近づいていっている時、オーガズムの少し前の時)に脳内で何が起こっているのか、どのようなホルモンがでているのかについては、

海外の研究が少しあるだけで(脳内の血流の変化などを見られる画像など)、まだまだわからないことばかりです。

ですから、今後は中イキした後などに(たいていの女性はぼぉーとしていて記憶がないと言われますが)、脳内で何が起こっているのかを、可能な限りヒアリングしてみたいと思っています。

そういったことも中イキ開発にとりいれれば、もう少しお役に立てるかなー、なんて考えてる17時5分。

この下の記事は2021年5月8日に書きました。


ポルチオ開発って、ペニスを当てる位置は赤線のところなんだけど、振動を送る先はもっと奥のお腹の中のイメージなんだよな・・・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中イキ開発風景


↑性感開発を受けて膣や子宮の感度があがった女性は、このようにカラダの外から子宮を揺らしても、快感がおそってきて逝ってしまいます。
感度があがっていれば、快感の波が襲ってくるたびに何度でも逝けるようになります。

↑こちらも体の外から子宮を揺らしています。開発が進むと、このように感度が上がるため揺らされれば逝けるようになります。

↑この女性は腕を拘束することで興奮が増して、何度も中イキできる状態になりました。

感度が上がっているので、男性がポルチオを揺らすたびに中イキしてしまいます。
*音声のみです

中イキするためには、このように前戯の段階で全身の感度が上がっている必要があります。

逝った後はからだ中が敏感になり、軽く撫でるだけでビクビクと感じてしまいます。

中イキ開発を受けてポルチオ感度があがると、お尻側を揺らすだけでもオーガズムを迎えることができるようになります。

⏩手マン動画
↑手マン前に膣感度を十分にあげておけば、指を挿入して膣壁を押さえるだけで、女性は悶え続けます。これくらい膣感度をあげることで、中イキしやすくなります。

⏩挿入で(ピストンはしていません)女性が逝きたい時に逝っている動画
↑性感開発ではこのように、男性のテクニックに頼ることなく、自分で逝けるようになることをゴールにして中イキ開発をしています。

中イキ性感開発の詳細はこちら

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。