男性経験が少ない女性でも短期間で中イキできる中イキ開発体験ブログ

menu

「中でいく!」中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡

騎乗位で〇〇されてもうザブングルだった話

『中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡』のゆうです。
⇒Twitterはこちら

今回の話はほんとどうでもいい話ですが、悔しい体験をしましたので記録に残したいと思います。

性感開発の時は基本的には射精しません。
慣れてきて信頼関係ができてくると

「私だけ気持ちよくなるのは嫌だ。ゆうさんにも逝ってほしい」
という女性はいます。

終わりが迫ってきたら射精しますが、(もちろん、ゴムをつけて)
開発途中の1回目のセックスで射精することはありません。

ひとつには射精しようとすると女性ではなく自分の気持ちよさを優先してしまうからです。
そして、射精すると立ちや硬さに影響がでるからです。

ポルチオ開発する時、硬いペ〇スで子宮を揺らす必要があるのですが、射精するとその硬さが足りなくなることがあります。

そのため、とにかく射精を我慢しています。

しかし!!
性感開発で騎乗位指導もしています。

騎乗位になってポルチオ性感帯にペ〇スを当て続けながら腰を動かす方法をお教えしています。
そして、どう動くと男性が気持ちよくなるかも実践指導しています。

騎乗位でも上下・前後だけすればいいのではなく、ポルチオ性感帯にぺ〇スを当て続けたまま腰を動かせるようになると、とにかく男性も気持ちいいのです。

ピストンでは味わえない快感が襲ってきます。騎乗位で男性を虜にできます。

僕はピストンならある程度我慢できますが、この動きをされると射精を我慢できなくなります。

で、先日騎乗位されていた時に、

「ちょっ、ちょっとまって・・・逝っちゃうから、逝くと回復に時間かかるから、、、まっまって・・・」
制止しようとしたのですが、

嬉しそうに腰を動かし、逝かされてしまいました。

その時の女性の嬉しそうな顔、やってやった顔がむかついてむかついて(笑)

正直、そこまで騎乗位が上手になったのは性感開発のおかげと自負しているので、うれしさもあるのですが、なんか負けたみたいで、

悔しいです

東海地方の方で、中イキ性感開発を受けたい人はこちら ←
中イキについて相談可能日を確認したい人はこちら ←

ゆう


 中イキ性感開発後のベッド写真。乱れたままでごめんなさい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中イキ開発風景


↑性感開発を受けて膣や子宮の感度があがった女性は、このようにカラダの外から子宮を揺らしても、快感がおそってきて逝ってしまいます。
感度があがっていれば、快感の波が襲ってくるたびに何度でも逝けるようになります。

↑こちらも体の外から子宮を揺らしています。開発が進むと、このように感度が上がるため揺らされれば逝けるようになります。

↑この女性は腕を拘束することで興奮が増して、何度も中イキできる状態になりました。

感度が上がっているので、男性がポルチオを揺らすたびに中イキしてしまいます。
*音声のみです

中イキするためには、このように前戯の段階で全身の感度が上がっている必要があります。

逝った後はからだ中が敏感になり、軽く撫でるだけでビクビクと感じてしまいます。

中イキ開発を受けてポルチオ感度があがると、お尻側を揺らすだけでもオーガズムを迎えることができるようになります。

⏩手マン動画
↑中イキ脳開発をしてさらに膣感度を上げてから手マンすれば、指を挿入して膣壁を押さえるだけで(指を動かさなくても)、女性は悶え続けます。これくらい膣感度をあげることで、中イキしやすくなります。

⏩挿入で(ピストンはしていません)女性が逝きたい時に逝っている動画
↑性感開発ではこのように、男性のテクニックに頼ることなく、自分で逝けるようになることをゴールにして中イキ開発をしています。

中イキ性感開発の詳細はこちら

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。