中イキ未経験の女性が性感開発を受けて、ポルチオイキを経験する。ネットにのっていない具体的な中イキ方法や読んですぐに実践したくなる、中イキ開発法

menu

中イキ性感開発体験ブログ 名古屋・静岡

中イキ開発体験談:騎乗位のコツを掴み急激に感度があがった麻美さん(リピート)

中イキ性感開発体験ブログを運営している、ゆうです。
愛知県、静岡県在住の中イキできなくて悩んでいる女性の相談にのったり、中イキ性感開発をさせていただいてます。

次回(2020年10月)の相談受付日は10月3日です。
定員に達した時点で受付終了となります。

中イキ性感開発の相談日程を確認する

今回お会いしたのは2回目の中イキ性感開発を依頼された麻美さんです。

麻美さんは今までオナニーをしたことも(クリイキ未経験)AVを見たこともありませんでした。
これまでにつきあった男性とのセックスで気持ちいいと思ったことがなかったのですが、最近つきあった彼の丁寧な前戯、優しいセックスでエッチの快感・楽しさを知りました。

そして、少しずつエッチに目覚めていったのですが、彼のことをどんどん好きになり、彼とのエッチを楽しめば楽しむほど、クリイキしてみたい、中でも逝けるようになりたいと思うようになりました。

大好きな彼だからこそ、演技をしたくない、逝ったフリをしたくない。
彼とのエッチで中イキできるようになりたい。
だから、自分のカラダを開発したい。

そう思い、初回の中イキ性感開発を依頼されました。

麻美さんの1回目の中イキ性感開発体験談はこちら↓

麻美さん2回目の中イキ性感開発体験

コロナの影響でかなり時間が空きましたが、2回目の性感開発のご依頼をいただき、ちょうどお互いの予定が合ったので、平日の昼間から、お会いすることが決まりました。

エッチ経験が少ない麻美さんが少しでもエッチな気分になるように、
お会いする前から、

avatar

ゆう

最初から、今回はエロ全開でいくからね

と宣言。

通常、2回目の中イキ性感開発でも期間が空いてしまった場合はホテルに着いてからこれまでの彼とのエッチのことや仕事、プライベートのことなど雑談をしてリラックスしてもらうようにしています。

しかし、時間が限られていたこともあって、短時間で麻美さんがエロモードになるように、工夫をしました。

名古屋市某所のラブホに集合し、部屋に入って、ほんの少し会話してすぐに、麻美さんを抱き寄せキスをしました。

普段はひとりエッチもほとんどしないし、エッチな気分にならない麻美さんですが、キスをし、舌を絡めているとだんだんと力が抜けてきて、エッチな声が漏れ始めます。

麻美さんがエッチな気分になってきたことが確認できたので、手を引き一緒にお風呂に入ります。

お風呂の中でも性感マッサージ風に体を麻美さんのカラダを洗い、麻美さんの興奮を高めていきます。

相変わらず美しい肌の麻美さん。

ボディーソープであそこを洗いながら確認すると、すでにあそこはヌルヌルになっていました。

バスタブの中でも後ろから麻美さんを抱き寄せ、キスをし、体を触っていきます。

すっかりとエッチモードになったので、ベッドに移動し性感開発スタートです。

(前戯の内容は省略)

クンニをしながら、言葉と態度はエロく、頭の中は冷静に。

麻美さんのカラダの反応、感じている時の筋肉の使い方をチェック。

性感開発では、感じている時にどこに力を入れて快感を増強させているかチェックするのですが、麻美さんは快感に身を任せてリラックスしているのはいいのですが、あまり力が入っていません。

これでは、クリイキも難しいと思います。

そこで、麻美さんの力が入りやすいようにアシストしました。

麻美さんの感想にもありますが、これがよかったようです。

ゆうさんのブログに出ている他の女性のように、中イキなんてできない。だから今回でダメだったら私は無理なんだと思い、諦めようと思っていました。

avatar

麻美さん

あとでこのように教えてくれたのですが、2回目の性感開発でもクリイキ、中イキできなかったのですが、

筋肉の使い方がなんとなくわかり、これがきっかけで、「もしかしたらもっと私の感度はよくなっていくかも」と期待できるようになったそうです。

そして、騎乗位へ。

正常位でポルチオ性感帯を揺らされる感覚がわかった麻美さんは、騎乗位でもどう動けばいいのか、どこに当てれば気持ちよくなれるのかをマスターしました。

この動きをして感じる女性はとても美しく、(感度があがるので、とてもいやらしく動くことができる)それを見ている男性のペ〇スはさらに硬くなり、そして男性もとても気持ちがいいのです。

騎乗位が気持ちよすぎたのか、コツを掴めたのが嬉しかったのかわかりませんが、麻美さんはずっと騎乗位をされていました。

十分にクーラーが効いた部屋だったのですが、麻美さんのカラダからは汗が吹き出し、血流があがっているのがわかりました。

しばらく、麻美さん主導で騎乗位をした後、僕も下からポルチオを責めました。

この時、麻美さんのおま●こはぴったりフィットマンになっておりました。

ぴったりフィットマンとは?
ぺ〇スの大きさに合わせて膣が変化し、ぴったりと張りついた状態です。
この状態になると、ほんの少し動かしただけでも、女性はビクビクと感じるようになります。
少し動くだけでも気持ちいい、ピストンしても気持ちいい、ポルチオ刺激されるとさらに気持ちいい。
そして、膣のあまりの気持ちよさに、全身が敏感になり、カラダのどこを触ってもビクビクと感じてしまう状態。

前戯やポルチオ開発で全身の血流がよくなり、そして膣の血流もよくなったあとに、このぴったりフィットマンは起こります。

挿入で気持ちよくなれない・・・

という女性でも、このぴったりフィットマン状態になれると、挿入の気持ちよさに驚きます。
少し動くだけでも、いや、正確にいうと挿入したまま全く腰を動かさなくても、(ぺ〇スの硬さ・太さ・温かさ・形がはっきりとわかるくらいにフィットしているので)カラダ中に快感が走るのです。

これを経験してもらい、

「挿入って気持ちいいんだ」

「私のカラダもちゃんとエッチすればこんなに感度がよくなるんだ」

という体験をしてもらえるのが、中イキ性感開発の魅力だと思っています。

そして、感度があがった麻美さんのポルチオを正常位で開発した後、いったん休憩です。

ちょっと休憩して、キスをするとまた麻美さんがエッチモードへ。

(前戯の内容は省略)

そして、もう一度騎乗位を練習してもらうと、またまたぴったりフィットマンへ。
スーパー敏感麻美に変身し、ずっと騎乗位で激しく感じておられました。

通常性感開発の場合は女性の感度向上や中イキ開発が目的のため、僕は射精しないようにしています。
今回、麻美さんが「ゆうさんにも気持ちよくなって欲しい」という希望をいただいたので、射精させていただきました。(もちろん、ゴムをつけています)

そして、一緒にお風呂に入り麻美さんの彼とのエッチの事、職場の女性たちと話しているエッチな話などをお聞きし、楽しく時間を過ごして終了しました。

麻美さんの中イキ性感開発(2回目)の感想


麻美さんの中イキ性感開発(2回目)のまとめ

麻美さんの性感開発体験談でわかると思いますが、男性経験やひとりエッチの経験が少なくても、
・感じてきた時の力の使い方
・ポルチオ開発を受ける
・騎乗位でのポルチオ開発できるようになる

を経験することで、ピストンだけのエッチでは感じることができなかった快感を感じることができるようになります。

また、中イキ性感開発はただエッチをするだけでなく、

「私はこう力を入れれば気持ちよくなれる」

「私は騎乗位でこう動けば気持ちよくなれる」

という事を実体験として学ぶことができます。

その結果、自分のカラダに自信をつけることがきっかけで、中イキしやすくなっていきます。

もしもあなたが、「挿入であまり気持ちよくなれない」と悩んでいるとしたら、あなたのカラダが感じにくカラダなのではなく、ただ感度があがるようなセックスをしていなかっただけだと思います。

ですから、正しく自己開発したり知識・理論やテクニックをもった中イキ開発師に開発してもらえば、たいていの女性は感度があがります。

特に、騎乗位でピストンするような動きをしている女性は、騎乗位でポルチオ開発する方法をマスターすると、どんどん感度があがり、エッチが楽しくなっていき、中イキしやすいカラダになっていきます。

彼氏とのエッチの騎乗位で、体勢を変えたり当てる位置を調節して、ポルチオに当たるようにしてみてください。
ちょっとの間、集中的にこのような騎乗位を意識するだけでエッチの質が全く別物になるし、彼氏もあなたがいつもより感じている姿を見て嬉しくなると思います。

ゆう

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、ゆうです。

仕事は企業のメンタルの顧問やカウンセリングをしています。

旅行、映画、ウィンタースポーツ、催眠、人との出会いが好きです。

ブログやツイッターを通じて、中イキできなかったり、感度が低くて悩んでいる女性とお会いして相談にのってきました。

中イキや頭が真っ白になるようなオーガズムのコツなどをこのブログで発信しています。